あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

〈新作紹介〉『ひらいて』レビュー:山田杏奈×作間龍斗×芋生悠が、綿矢りさ原作の残酷かつ繊細な思春期の狂気と哀しみを真摯に体現!



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」SHORT

『ミスミソウ』(18)や『名も無き世界のエンドロール』(21)『樹海村』(21)など、山田杏奈が出演している映画は「何か」があるような気がして、進んで見るようにしています。

一見童顔な風情の中、硬軟善悪淑女に悪女、何でも真摯に演じることのできる、そんなオーラを常に発散させ続ける彼女の今回の顔は実にエキセントリックかつ残酷、しかしそういった行為に及べば及ぶほど自身が傷ついていく繊細な心の痛みを隠し通すこともできません。

そんなヒロイン愛と、これまた『左様なら』(19)『ソワレ』(20)など大注目の芋生悠扮するⅠ型糖尿病を患う美雪が絡み合っていくわけですから、これが面白くないわけがありません。



何せ原作が綿矢りさであるからして、少女同士の愛憎の描出に怠りがあるはずもなく、新進気鋭の首藤凛監督もまたそうした原作のエッセンスをとりこぼすことなく、同級生たとえ(作間龍斗)をめぐっての偽りの友情とも愛情ともつかないやりとりが、いつしか不可思議な、まさに“映画的”としか言いようのない三角関係と化していくあたりの情緒が実にスリリングで秀逸なのです。

また、その伝では女子ふたりの間に立たされながらも凛とした姿勢を崩すことのない作間龍斗の存在感にも好感が持てるところ。



自分が好きな相手を独占したいという想いは大なり小なり誰しも持ち合わせているものでしょうが、それがエスカレートしていくことの悲劇も狂気もすべてひっくるめての思春期であり青春であることを見事に、そして真摯に訴え得た秀作であり、2021年の青春映画を代表する1本足り得ていると個人的には確信しています。



ラストの一言も、首藤監督をずっと応援してきたファンからすると、きっと溜飲の下がるものであることでしょう。

(文:増當竜也)

ーーーーー
cinemas PLUS コミュニティを作りました!

・お気に入りの著者をフォロー&記事のブックマーク
・ムビチケや独占試写会プレゼントのご案内
・週2回メルマガ配信

今後もコミュニティ会員限定のプレゼントやイベントを企画予定!

コミュニティ登録はこちらから↓
https://cinema.ne.jp/auth/register

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 『ひらいて』作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会