あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』はネタバレ厳禁映画なので、代わりにシリーズを復習してみた!




■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

2022年1月7日より、いよいよ『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が日本でも劇場公開されます!

最初に感想だけお伝えしておきますと、今までのスパイダーマン映画の中でベスト1! マーベル映画全体を見渡しても、かなりの上位にくる面白さです!

ただしこの作品、とてつもなく大きなネタバレ要素がドラマに大きく関わっている作品であり、さすがに公開前はこれ以上の言及が出来ません(というか、絶対にしてはいけない!)。

従って、ストーリーであるとか、海外からの情報などにも一切触れないことを強くおススメしておきます!

その代わりといってはアレですが、今は冬休みの真っ盛り、この機会に今までのスパイダーマン映画をおさらいしてみるほうが、むしろ楽しい作業かもしれません!
 
【関連記事】トム・ホランド萌えキャラ選手権優勝作品を語る!

【関連記事】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』:文句なし痛快すぎる97分間

【関連記事】『シャン・チー/テン・リングスの伝説』解説

前作のラストから始まる
今回のスパイダーマン



これまでさまざまなスパイダーマン映画が作られてきましたが、本作はジョン・ワッツ監督&トム・ホランド主演によるシリーズの最新作で、前作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(19)のラストから直結したお話でもありますので(一応、前作を未見の方でも、いったい何が起きてしまったのかは、見ていくうちにわかる作りになっていますが)、最低限これを見ておいたほうが世界観に入り込みやすいでしょう。

〈ジョン・ワッツ監督版の主要キャスト〉
●スパイダーマン(ピーター・パーカー)
…トム・ホランド
●MJ(ミシェル・ジョーンズ)
…ゼンデイヤ
●ネッド・リーズ(ピーターの親友)
…ジェイコブ・バタロン
●メイ・パーカー(ピーターの伯母)
…マリサ・トメイ
●アイアンマン(トニー・スターク)
…ロバート・ダウニー・Jr(第1作)
●ハロルド・"ハッピー"・ホーガン(トニーの親友でピーターのお目付け役)
…ジョン・ファブロー

〈主なヴィラン〉
●バルチャー(エイドリアン・トゥームス)
…マイケル・キートン(第1作)
●ミステリオ(クエンティン・ベック)
…ジェイク・ジレンホール(第2作)

またトム・ホランドがスパイダーマンを演じた、これまでの『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16)『スパイダーマン:ホームカミング』(17)『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)といったマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品群も一緒に見ておけば、今回ゲスト出演するドクター・ストレンジとの関係性などもわかりやすくなるはず。

そして、さらにお時間のある方は、せっかくですからスパイダーマンの歴史とか、これまで作られてきた映画やドラマ、アニメなどもチェックし直してみてはいかがでしょうか?

こと映画に関しては、21世紀に入ってからサム・ライミ監督&トビー・マグワイア主演版3部作(02・04・07)、マーク・ウェブ監督&アンドリュー・ガーフィールド主演版2部作(12・14)、ジョン・ワッツ監督&トム・ホランド主演版3部作(17・19・21)、さらにはアニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(18)と、スパイダーマンそのものを主人公にした作品が続々と作られています。

それぞれ監督やキャストの個性が上手く醸し出されているとともに、それぞれの設定や人間関係、世界観の相違などもチェックしながらスパイダーマン・ワールドを極める……まではさすがに大変ですが、その最初の一歩くらいは踏み出せるかもしれません!
 
NEXT|次ページ > スパイダーマンは いかにして誕生したのか?

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録