あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「日本沈没ー希望のひとー 」第3話レビュー:盟友の天海と常盤が対立!真実を国民へ告げるか否か(※ストーリーネタバレあり)



→「日本沈没ー希望のひとー 」画像ギャラリーへ

関連記事 「日本沈没ー希望のひとー 」第1話レビュー:日曜劇場からまた、視聴者に大きなテーマを投げかける

関連記事 「日本沈没ー希望のひとー 」第2話レビュー:関東沈没の根拠を隠したのは? 天海が向き合う罪

小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」が2021年10月10日(日)スタート。

1973年の刊行以来、何度も映像化されてきた不朽の名作「日本沈没」(小松左京)を大きくアレンジした本作。2023年の東京を舞台に、日本沈没という前代未聞の危機の中で希望を見出す人々を描き出していく。大義のために手段を選ばない野心家の官僚・天海啓示を演じる小栗旬をはじめ、松山ケンイチ、杏、ウエンツ瑛士、中村アン、与田祐希(乃木坂46)、國村隼、仲村トオル、香川照之ら豪華キャストが集結した。

本記事では、第3話をcinemas PLUSのドラマライターが紐解いていく。

「日本沈没ー希望のひとー 」第3話レビュー



遅くとも、1年以内に関東が沈没する——。「日本沈没」第3話では田所説がどんどんと現実を帯び、日本未来推進会議のメンバーが中心となって対策に向け動き始めた。

直面する課題は、国民に関東沈没の可能性を伝えるか、伝えないかだ。

データを改ざんし、スロースリップの痕跡を隠していた世良教授(園村隼人)は関東沈没の可能性を10%と予想したが、田所博士(香川照之)よればその確率は50%だという。

沈没するのは1年後、もしくは半年後。いや、もしかしたら明日にも始まってしまうかもしれない。だとしたら、少しでも早く国民を関東以外の土地に避難させなければならないはずだ。

しかし、天海(小栗旬)は対策の緊急性を強く訴えるも、里城副総理(石橋蓮司)は田所を詐欺学者と決めつけ、聞く耳を持たない。東山総理(仲村トオル)は札幌に第二首都を置く“首都機能分散構想”を推し進めているため、対立する里城は、東山が自分に有利な説を唱える田所を連れてきたと考えたのだろう。

東山もすぐには決断できず、天海は田所説に信憑を持たせるため、地球物理学の世界的権威であるアメリカのジェンキンス教授に見解を求めることにした。一方、彼と同じように危機感を募らせる常盤(松山ケンイチ)に、記者の椎名(杏)が接触。椎名は政府のCOMS事業に反対する田所が総理官邸へ招かれたことに、違和感を抱いたのだ。

常盤は椎名を軽くあしらうも、夜には常盤グループ会長で父親の統一郎(小野武彦)に呼ばれる。そこには里城が同席し、関東沈没説に対する見解や天海について聞かれる常盤。副総理であり、財務大臣でもある里城に「私の後継者として期待している」とそれとなく便宜を図るよう諭されるのだった。

次に開かれた日本未来推進会議では、関東沈没への対策が議題に。ジェンキンス教授が田所の分析を支持したことで、そこにいたメンバーは当惑の色を見せる。会議に集められた各省庁の精鋭たちがそれぞれの立場から意見を述べる中、段階的に情報を開示するか、憶測や情報格差を避けるために全国民へ広めるかで常盤と天海の意見が対立。

もし本当に関東が沈没するとしたら。想像するだけでも恐ろしいが、一刻も早く真実を知りたいという人がほとんどだろう。しかし、同時に全国民がパニックに陥り、日常生活が崩壊することは想像に難くない。どちらの意見もわかる。

日本未来推進会議でも結論は出ず、関東沈没に関する情報は国家機密となった。それにもかかわらず、里城は自己判断で情報を流し、東京の再開発計画から手を引く企業が多発。天海が危惧していたように、情報格差が生まれてしまったのだ。このことが公になってしまえば、政府は国民からの信頼を失ってしまう。

さらに、海保のデータを元に調査を進める田所から、遅くとも半年以内に70%の確率で関東沈没が起こると新見解が飛び出す。いかに関東4000万人の命を守るか、まだ方針が定まらない中で天海と常盤が会談する場にボイスレコーダーを仕込んだ椎名は真実を知ってしまうのだった。

しかし、政府は椎名が所属するサンデー毎朝に圧力をかけ、徹底した情報統制を図る。そこで天海が取った行動は椎名と手を組み、真実を国民に告げることだった。翌日、毎朝新聞が大々的に関東沈没説について報道。国民は予想通り、パニックに陥る。

これまで、大義のためには手段を選ばず、大胆な行動に出る天海の良きパートナーとしてそばで支えてきた常盤。慎重過ぎる面もあるが、常に冷静な判断を下す彼は安心感があった。しかし、容赦なく迫り来る“関東沈没”が二人の仲をプレートのように引き裂く。

覚悟を決めた天海の横顔を、静かに睨みつける常盤の表情が不穏な空気を漂わせていた。

「日本沈没ー希望のひとー 」第3話ストーリー



「関東沈没が1年以内に始まる」という田所博士(香川照之)の分析報告を総理官邸で聞いた天海(小栗旬)は、対策の緊急性を強く訴える。
しかし、里城副総理(石橋蓮司)は田所を詐欺学者と決めつけて相手にせず、東山総理(仲村トオル)もすぐには決断できないでいた。

天海とともに危機感を募らせる常盤(松山ケンイチ)に、記者の椎名(杏)が接触してくる。彼女は田所が総理官邸に招かれたことで、ただならぬ事態が起きていると感じていた。
その夜、常盤は常盤グループ会長で父親の統一郎(小野武彦)に呼ばれる。呼ばれた先には、里城がいた。
同期である天海の人間性や関東沈没説に対する見解を聞かれ……

日本未来推進会議で関東沈没への対策を議題に検討会が開かれた。
その席で天海が、地球物理学の世界的権威であるアメリカの教授・ジェンキンスが田所博士の分析を支持したことを告げると、会議は一気に緊迫感を増す。

各省庁の代表がそれぞれの視点から論争が繰り広げられる中、国民にどう伝えるかで天海と常盤の意見が割れてしまう。
そして、その裏には里城副総理の影が…。

四千万人の国民の命か…国の経済か…
天海が決断へ、一歩踏み出す!

(文:苫とり子)

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「日本沈没ー希望のひとー 」作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録