あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

人気漫画「シジュウカラ」山口紗弥加×大九明子でドラマ化決定!


テレビ東京『ドラマ24』の1月クールの作品が、『シジュウカラ』に決定した。

原作は、「JOUR」(双葉社)連載中の、女性から圧倒的支持を得ている漫画家・坂井恵理による同名コミック。主人公は売れない漫画家・綿貫忍。自作は中々日の目を見ず、一方家庭では結婚15年目の夫と中学生の息子がいて幸せな家庭のはずなのに、どこか満足できない日々を送っていた。そんな中、引っ越しを機に長年アシスタントをしていた売れっ子漫画家のもとを離れ、筆を折る決意も固めた。

しかし、10年以上前に描いて人気薄だった自作が、知らないうちに電子書籍で大ヒット!それを受け、新作を描くことを勧められた忍は、不安を抱きつつも挑戦することに。そこでアシスタントを募集したところ、応募してきたのは橘千秋という22歳の美しい青年だった。次第に千秋に心惹かれていく中で、忍は自分自身の虚ろで不確かな人生観と向き合うことになって…。

そんな、恋と仕事、同時に訪れた「セカンドチャンス」に向き合う主人公・忍を演じるのは、確かな演技力と美しさを持つ、女優の山口紗弥加。働く女性として、妻として、母として、様々な葛藤の狭間で生きる40代女性をどう演じ切るのか。、そして監督には「私をくいとめて」、「勝手にふるえてろ」など、映画監督として多種多様な女性を描いてきた大九明子に決定。

忍と恋に落ちるアシスタントの橘 千秋(22)役も近日解禁予定。その他、忍の夫役や、新たな不倫相手…?など、今後の続報に注目だ。

コメント

原作者:坂井恵理

映画『勝手にふるえてろ』を観て、大九明子監督に撮ってもらえたら…と、軽い気持ちでプロデューサーにつぶやいた私の希望が叶ってしまい、本当に驚きました。主演の山口紗弥加さんは、インタビューなどを読むと主人公の忍と重なる部分もあり、確かな演技力で存在感のある忍を演じてくれるのではと期待しております。よくある不倫モノとは一味違う、見ごたえのあるドラマになる予感しかしません。放映が待ち遠しいです!

山口紗弥加

Q:「シジュウカラ」テレビドラマ化のオファーを受けた時の感想をお聞かせください。
不倫 × サスペンスと聞き、まずはタイトルの「シジュウカラ」を漢字と平仮名に変換しました。「四十からの不倫は、サスペンス」。いただいたお話を有難いなと思いながら、一方で、血に塗れたドロドロの愛憎劇を想像し後退りする自分がいたのも事実です(笑)。

Q:原作を読んだ感想をお聞かせください。
予想に反し、妙にリアルな痛みを伴う社会派の作品でした。私には夫も子供もいません。なのに前のめりになってしまうのは、同年代ということと、30代最後に訪れた連続ドラマ初主演の奇跡が主人公に重なるからかもしれません。18歳差の恋”は私には現実味がありませんが、漫画の世界の御伽噺では終わらせない説得力も感じています。

Q:ご自身の役を演じるにあたっての思い、意気込みをお聞かせください。
私が演じる綿貫忍は、その名の通り言葉を飲み込み耐え忍び、年齢的に少しずついろんなことを諦めながらも、毎日を懸命に、穏やかに過ごそうとする女性です。若くはなくとも気力・体力ともに充実した40 代で不意に訪れた”人生のセカンドチャンス”に戸惑い、悦び、悩みながら、結局は現実的な選択をしてしまう主人公には共感する部分が多くあります。だからこそ、原作キャラクターを追いすぎず、私自身のリアリティで演じたい。そう思っています。

Q:視聴者のみなさんへメッセージをお願いいたします。
「ある属性からの、自立」私はこの作品をこのように捉えています。もしかしたら、描かれることの大半が拒絶されるかもしれません。それでも挑戦したいと思うのは、この作品が、どこかの誰かの”突破口”になればと願うから。そしてそれは、私自身かもしれないからです。この作品が、ひとりでも多くの方に届きますように……願いを込めて演じます。

監督:大九明子

Q:原作を読んだ感想をお聞かせください。 
ひやっとするサスペンス感があって面白かったです。

Q:山口紗弥加さんの印象をお聞かせください。 
初めてお会いした日は雨でしたが、山口さんはいつも太陽があたってるみたいに眩しそうな目で、ずっとニコニコしていました。40歳から人生を獲得し直す、忍という主人公を一緒に作ってゆくのが楽しみです。

Q:視聴者のみなさんへメッセージをお願いいたします。
結婚している人の恋愛をはじめて描きます。忍とどこまで突っ走れるのか。お見届けいただけたら嬉しいです。

チーフプロデューサー:祖父江里奈(テレビ東京)

結婚している人がパートナー以外の人と恋愛する、いわゆる「不倫モノ」ではありますが、この作品で描きたいのは男女のドロドロではありません。40歳を超えた女性が恋愛だけでなく仕事や夢、そして人生へどう向き合うかをふと立ち止まって考え直す物語です。不倫モノは苦手!とどうか毛嫌いせずご覧いただければと思います。

プロデューサー:北川俊樹(テレビ東京)

「シジュウカラ」のコミックスを最初に読んだ時、いくつかのワードが頭に浮かびました。「18歳差の恋」「年上の女性」「年下の男性」「女性のキャリア」「夫婦」「性暴力とは」……。そして読み進めていく内に心に残ったのは、閉塞感を抱えて生きる不器用な主人公が何者かを目指すその生き様でした。女性の生き様を描くのは自信ないが、不器用な人間の生き様なら描いてみたい。そう思い、女性層から圧倒的支持のある坂井恵理先生に恐れ多くもドラマ化の相談をしたところ、ご快諾していただきました。

原作の世界観を大事にしながらもドラマならではの展開を盛り込み、新しい年の差ラブストーリーを描いてきたいと思います。そんな思いに賛同してくださったのが大九明子監督。女性主人公の素晴らしい映画をいくつも演出されています。

そして主人公・忍 役には山口紗弥加さん。数々の作品の中で女性を多面的に演じていらっしゃる魅力的なお芝居。大九監督と山口さんの化学反応により、主人公の抱える年が離れた男性への複雑な想い、そして一人の人間が自分の人生と真剣に向き合う姿がどう展開されていくのか……。1月からの金曜日に切ないのに見逃せない、そんな夜がやってきます。是非、ご期待ください。

第1話あらすじ

「今更あの子に兄弟できたら、困っちゃうじゃん(笑)」「まだできるの?」「……」結婚15年目。夫・洋平(52)からの夜の営みの誘いを冗談めかして断ると、洋平はため息と共に背を向けて寝始めた。倦怠感、というよりも嫌悪感を覚えてからどれくらいになるだろう…。だがこの“幸福な人生”こそが何者かになりたかった私の最終地点…そのはずだった。アシスタント歴20年を超えて夢を諦めた売れない漫画家・綿貫忍(39)は、たくさんの思いを東京に残し地元に戻って筆を置いた。だが皮肉にもその直後、昔描いた人気薄だった自作が電子書籍でバカ売れする。そして「これが最後」だと、再度本気で漫画と向き合うことに。そんな中出会ったアシスタントは、橘千秋(22)という美しい青年だった…。自分を一人の女性として、何より漫画家として敬意を持って接してくれる千秋に、忘れていたときめきを感じ始める忍。ところが“不自然にも”、千秋も忍へ妙なアプローチをかけてくる。そしてそんな千秋と交流する内に、忍の中に積み重なっていたある種の歪みが顕在化してくるのだった…。

番組情報

【番 組 名】ドラマ24 『シジュウカラ』
【放送時期】2022年1月クール
【放送時間】毎週金曜深夜0時12分
【放 送 局】テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ 九州放送
【主    演】山口紗弥加
【監    督】大九明子、成瀬朋一、上田 迅
【脚    本】開 真理
【チーフプロデューサー】祖父江里奈(テレビ東京)
【プロデューサー】北川俊樹(テレビ東京)、高橋優子(ザ・ワークス)
【制    作】ザ・ワークス
【製作著作】「シジュウカラ」製作委員会
【公式H P】 https://www.tv-tokyo.co.jp/shijukara/
【公式Twitter】 tx_shijukara
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 「シジュウカラ」製作委員会