あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-10-29

公開情報

ベネディクト・カンバーバッチ主演 Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』⼀部劇場にて公開決定!


『パワー・オブ・ザ・ドッグ』画像ギャラリーはこちら


ベネディクト・カンバーバッチ主演のNetflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』が、12⽉1⽇(⽔)からの全世界独占配信に先駆けて11⽉19⽇(⾦)より⼀部劇場にて公開されることが決定した。

本作は、ベネディクト・カンバーバッチを主演に迎え、1920年代のアメリカ・モンタナ州を舞台に、周りの⼈々に恐怖と畏怖を与えるカリスマ的な牧場主フィル・バーバンク(ベネディクト・カンバーバッチ)と、その弟ジョージ(ジェシー・プレモンス)、ジョージの妻ローズ(キルステン・ダンスト)、息⼦ピーター(コディ・スミット=マクフィー)らを巡り、絡み合う緊迫した関係をリアルに描く⼈間ドラマ。



ある⽇、地元の未亡⼈ローズと、その息⼦ピーターと出会った⼤牧場主のバーバンク兄弟。弟・ジョージはローズと結婚し、家に迎え⼊れることに。これにショックを受けたフィルは、すべてを壊そうと、残忍で執拗な攻撃を仕掛けるが、とある事件をきっかけに、⼈を愛することへの可能性が芽⽣え始め̶。

監督を務めるのは、『ピアノ・レッスン』(93)で⼥性監督初のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞という経歴を持つジェーン・カンピオン。第78回ベネチア国際映画祭銀獅⼦賞(監督賞)受賞作。明⽇10/30(⼟)〜11/8(⽉)に開催される第34回東京国際映画祭ではガラ・セレクション部⾨へ出品され、11/3(⽔)11:00〜有楽町よみうりホールにてジャパンプレミア上映が⾏われる。

不気味な⼝笛が鳴り響く中、フィルに恐怖⼼を抱き翻弄されるローズやピーターの姿が映し出される予告編や、どこか影のある登場⼈物たちの表情が印象的な場⾯写真の数々が公開への期待を⾼まらせる。


ストーリー

カリスマ的存在で周囲から恐れられる牧場主フィル・バーバンク(ベネディクト・カンバーバッチ) 。ある⽇、弟が妻だという⼥性(キルステン・ダンスト) とその息⼦(コディ・スミット=マクフィー) を家に連れてくる。2⼈に対し酷い仕打ちを重ねるフィルだったが、やがて⾃分の中にある愛が何なのかを突き付けられる。

作品情報

Netflix映画『パワー・オブ・ザ・ドッグ』
⼀部劇場にて11⽉19⽇(⾦)公開
12⽉1⽇(⽔)よりNetflixにて全世界独占配信開始
キャスト︓ベネディクト・カンバーバッチ、キルステン・ダンスト、ジェシー・プレモンス、コディ・スミット=マクフィー
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録