あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-11-15

鬼滅の刃

鬼滅の刃「無限列車編」第5話:炭治郎と伊之助の共闘、胸が熱くなる活躍回




→「鬼滅の刃」無限列車編 画像ギャラリーへ

テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編が2021年10月10日(日)より放送スタート。

竈門炭治郎 立志編、遊郭編それぞれと繋がる「無限列車編」がテレビアニメとして再構成されて放送される。

本記事では、第5話をcinemas PLUSのライターが紐解いていく。

鬼滅の刃」無限列車編 第5話:「前へ」レビュー


「前へ」というサブタイトルの通り、かっこいい活躍シーンが満載な回だった。前回までは涙なしには観られないシーンが続いたので、内容を知っていると言えど、ちょっと新鮮な感じがする。

何といっても見どころは、炭治郎と伊之助の共闘シーンだ。
汽車と同化した魘夢の頸を斬るため、絶妙なタイミングで連携していく。
魘夢、顔だけはかわいいけど性格も汽車と同化した後の見た目も気持ち悪すぎる。

目玉がたくさんあり、見つめられると目が合うと催眠術をかけられてしまう炭治郎。毎回自決して夢から戻ってくるが、罠にはまり現実で頸を斬りそうになる。それを止めた伊之助が「夢じゃねぇ!!現実だ!!! 罠にかかるんじゃねぇよ!! つまらねぇ死に方すんな!!」と言うシーン、とてもかっこよかった。

伊之助、初登場時はあんなに会話が通じない人だったのに、こんな風に共闘できるようになり、仲間のことを助けたりしてくれる頼もしい存在になるなんて。あらためて振り返ると感慨深い。「どいつもこいつも俺が助けてやるぜ!」というセリフもかっこよかった。

伊之助→炭治郎の見事な連携で魘夢を倒した。

二人だけでなく、全員に見せ場があった。
禰豆子の戦闘シーンも追加カットが加わり、より堪能できるようになっていた。
禰豆子のピンチに表れる善逸の霹靂一閃六連は、何度観てもめちゃくちゃかっこいい。善逸自身・音・光・色の演出、すべてが相まって美しくすらある。アニメになったことでよりかっこよさが伝わる技だと思う。

そして何といっても煉獄さんだ。「穴があったら入りたい!」と言いながらこんなにかっこいい人が他にいただろうか。
一人で五両守れること、速すぎて見えなかったり動いたときに離れた車両が揺れたり。炎が走っているようだ。追加カットもあり、非常によかった。

追加カットといえば、炭治郎が「みんな頑張ってる。みんなの役に立て!」と自分を鼓舞する新たなシーンもあったが、炭治郎もいつも十分すぎるくらい頑張ってるし役に立ってるよ……! と思った。

次回予告の前、ケツアゴ禰豆子(炭治郎の夢)が登場して笑った。一瞬なんだこれはって思った。

ああ、次回が楽しみではあるけど、来ないでほしい気持ちもある。心して待つ。

「鬼滅の刃」無限列車編 第5話ストーリー



夢の中で自分の頚を斬ることにより炭治郎は目覚め、元凶である魘夢と対峙する。
人の心を踏みにじることで享楽にふける魘夢に憤る炭治郎。
激闘の末、炭治郎は魘夢の頚を斬り落とすが、その体はもはや本体ではなく、魘夢はすでに無限列車と融合していた。追い詰められた炭治郎の前に、ついに覚醒した伊之助が駆けつけ――。


(文:ぐみ)

ーーーーー
cinemas PLUS コミュニティを作りました!

・お気に入りの著者をフォロー&記事のブックマーク
・ムビチケや独占試写会プレゼントのご案内
・週2回メルマガ配信

今後もコミュニティ会員限定のプレゼントやイベントを企画予定!

コミュニティ登録はこちらから↓
https://cinema.ne.jp/auth/register


全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 「鬼滅の刃」無限列車編 作品情報

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable