あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2022-01-07

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ネタバレなし!知ってほしい「マルチバース」の定義や面白さを科学者の野村泰紀先生が解説



大ヒット公開中の『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は絶賛の嵐で迎えられている。現在、映画情報サービスのIMDbでは8.8点、Rotten Tomatoesでは批評家94%にオーディエンス98%という、圧倒的な支持率を獲得。全米の週末3日間における興行収入の2億6013万ドルはコロナ禍における最高記録だ。全米でのオープニング興行収入歴代第3位と報じられてもいたが、さらに更新されたその最新数字では『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜き歴代2位となった。

本作のキーワードの1つに「マルチバース」がある。宇宙を意味する「ユニバース」が“ひとつ(Uni)”の宇宙(verse)であることに対して、多く(Multi)の宇宙が存在することを示した言葉だ。予告編でもわかる通り、本作にはこれまでの『スパイダーマン』の映画シリーズのヴィラン(悪役)たちが、異なる宇宙ことマルチバースからやってきたという設定があるのだ。

そもそものマルチバースの定義とは何か?フィクションの存在ではなく、科学的に現実で存在し得るものなのか?どのような歴史の上に提唱されてきたのか?それらの疑問を、カリフォルニア大学バークレー校教授であり、マルチバース研究の第一人者である野村泰紀先生に訊いた。科学者としてのマルチバースへの思い入れは、とても興味深く示唆に富むものだった。本作の理解の一助に、そして科学研究の魅力の一端を知っていただければ幸いだ。

【参考記事】マルチバース宇宙論を提唱。宇宙の不思議を解き明かす。
 

タイムマシンはあり得なくても、マルチバースは存在し得る?



――ネタバレのない範囲で、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』を観たご感想をお願いします。

ものすごく面白かったです! メインはマルチバースという設定よりも、「人間の話」であり「成長の話」でしたね。最後の方は涙がずっと出ていてマスクが濡れていたので、エンドロールが長くてホッとしていました。

実は『スパイダーマン』の映画はあまり観たことがなくて、本作も「アクションが爽快な水戸黄門」みたいな映画かと思っていたのですが、良い意味でぜんぜん違いました。これまでの『スパイダーマン』のシリーズを観たファンであれば、細かいセリフにさらに感涙できると聞いていたので、そこは悔しいですね。

――早速本題ですが、まずマルチバースとはどのように定義づけられるものなのでしょうか。

マルチバースという言葉に厳密な定義はなくて、人によって考えているものが異なったりもします。でも、サイエンスというものは、わかっていないことがある、ボヤッとしているところがあることも、実は楽しいところでもあるんです。どんなにドラマティックな理論でも、全部が解明されていたら、プロのサイエンティストとしては仕事がなくなってしまいますよね。マルチバースはそういうわけではなく、まだ発展途上の理論です。

――それでも、マルチバースがどういうものであるか、基本的な考えや視点などはありますでしょうか。

基本的には「僕らが今まで全宇宙だと思っていたものは、世界の全てではなくて、それ以外にもいろいろとある」ということですね。バリエーションとしては、例えば映画でよく使われている「他の宇宙では歴史が異なっている」というのがあります。僕の彼女が死んでしまったけど、違う世界では生きているとか、そういう異なった歴史の宇宙が存在するという考え方ですね。今の物理の知見ではそれは十分にあり得ます。



――現実でマルチバースを誰も見たことがない、わからないものなので、いろいろなバリエーションの説があるということですよね。

そうですね。他にも宇宙の法則すら違ったり、光や原子なども存在しないなど、全く異なる宇宙があるという考え方もあります。僕らは3次元という縦横高さがある世界に生きていますが、4次元とか5次元とかの次元の数さえ違う宇宙が存在するかもしれないという説もあります。もちろん創作物では、人間がいないとか、原子がないとか、そういう設定はあまり使えないと思いますけどね。そうしたバリエーションのどれが正しいとか、他の宇宙にどれだけ違うものがあるかとかは、まだ完全にはわかっていません。

――マルチバースは「こういうのがあったらいいな」と想像するだけのものではなく、科学的に実在し得ると証明されているのでしょうか。

ちょっと話はズレますが、タイムマシンで過去に行くことを想像するのは楽しいですよね。しかし、僕たちサイエンティストは本当の意味で過去に行くことはできない、今の理論では無理だと考えています。サイエンスというのは、その時々の「最も確からしい考え」を数式にまとめたものであり、それを念頭に置いて言えば、今の物理理論では過去には行けないことがはっきりしています。

しかし、マルチバースはタイムマシンとは違って、方程式を見るとそれが起こり得るどころか、「どうもこういうことが起こっているらしい」と考えたほうが自然だと、一部のサイエンティストたちは考えているんです。

――タイムマシンは理論上に不可能であるのに対して、マルチバースは「存在していると考えたほうが自然」になっているというのは面白いですね。

かなり昔のコミックからパラレルワールドや別の宇宙が存在するということは描かれていましたが、今はいろいろな情報を統合してみると「どうもマルチバースは本当にあるんじゃないか」となっていることが新しいんですよ。ちなみに、未来に行くタイムマシンは理論的には可能です。

地球と同じように、我々がいる宇宙も奇跡的な存在かもしれない



――科学的な知見から、マルチバースに最新のアップデートが加えられたということでしょうか。


はい。その結果、ほとんど「マルチバースになってないとおかしい」ということになっています。何しろ、マルチバースが存在していないと、僕たちの宇宙、ユニバースの説明ができないんですよ。

例えば、宇宙の中で僕たちが住む地球はものすごく良くできています。太陽からの距離、サイズ、重量などがピッタリと条件に当てはまらないと、これほどまで豊かな、何百万種類という生命体ができて、森があって湖があるという星は生まれない、普通に考えたらそうなるはずがないんです。液体窒素だらけとか、せいぜい砂漠だけとか、灼熱地獄になったりするのが普通ですから。

「地球は神様がいたからこれほどまでの条件が整っている」と考えたくなるくらいですが、現代に生きる僕たちはこれをもう不思議とは思っていません。なぜかといえば、僕たちの銀河の中だけでも、何百何千万の惑星があるから、その中にはうまく条件の整ったものもあるだろうからです。そして、そういう奇跡的な条件が揃っているところにだけ僕たちのような高等生命体が生まれるので、その者たちから見たら自分たちの住む星はかならず奇跡の星に見える、ということだからです。

――地球がたくさんある星の中で奇跡的に条件が揃っているように、私たちがいる宇宙もまた他のたくさんある宇宙の中の1つの奇跡的な存在だという考え方なのですね。

その通りです。この宇宙もまた、うまく条件が揃ったからこそ、百何種類の原子など、複雑で豊かな世界を作る要素ができたということがわかってきました。もしも宇宙が1つしかなかったら、誰かがピッタリ調整してくれない限り、それこそ神様でもいない限り、僕たちがいる宇宙の構造自体が理解不能なんです。でも、他にも宇宙がいっぱいあると考えれば、僕たちの宇宙を説明するのに、神様はいなくても構わないのです。

先ほどの地球の例と同じく、種類がちょっとずつ違う宇宙が山ほどあれば、ほとんどのところには何も起きないけれど、たまたまうまく行ったところだけ、複雑な星や銀河、生命までできてしまう。山ほどあれば1つくらいは奇跡的なものがある。その1つのところに僕ら自身がいて、周りを見るとものすごく奇跡的である、少なくともそう見えるということになっているようなのです。

――そう考えると、マルチバースの存在はとてもロマンティックですね。それが理論的に証明されつつある、ということも素敵です。

でも、昔はマルチバースの理論はサイエンティストの間では信じられていなかった。それどこか無視されていたんです。実際、僕が十数年ほど前にマルチバースの話をしたときも、「はい、哲学の話をありがとうございました」って感じでした。ところが、ここ20年ほどの宇宙観測を経て「世の中がうまくできすぎている」ことがわかってきたんです。マルチバースそのものの研究というよりも、その他の様々な観測を重ねるうちに、マルチバースの理論を持ち出さなければ理解できない事実が積み上がってきた、という感じですね。さらに、そういう目で数十年前からある理論を見直したら、そこに「宇宙がたくさんある」という結論がすでに入っていたことにも気がついたんです。

――もう何十年も前にマルチバースは証明されていたはずなのに、多くの人がそれを見ようともしなかったという歴史があったのですね。

証明というわけではないですが、いくつか証拠が積み重なってきています。マルチバースのアイデア自体は70年代とか80年代に言っている人はいました。それが今世紀に入ったあたりから、観測事実をもとにして、いろいろなサイエンティストたちがちょっとずつ足していって、僕もいくつかを発表してきて、理論が発展していったんですね。亡くなってしまいましたけど、スティーブン・ホーキング博士もマルチバースを提唱していましたよ。マルチバースが本当に存在するのかと問われれば、サイエンティストの良心に従って言えば、正直なところわかりません。しかし、「バイアスなしに法則をみていけば、宇宙がたくさんあるというのがいちばん自然」ということです。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > マルチバースが信じられなかったのは、繰り返された「固定観念」から?

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.