あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「菅田将暉、ヤバい」と思った映画3選


「ミステリと言う勿れ」(C)田村由美/小学館 (C)フジテレビジョン

月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」で主演・久能整を演じる菅田将暉

警察官やバスジャック犯を相手にしても、躊躇なく論破する。
原作ありきの作品でファンも非常に多い中、“マイペースなおしゃべりパーマ”な久能整を容姿も性格も見事完コピし、原作ファンからの反応も上々だ。

演じる役によって外見がまったく異なり、その高い演技力から「菅田将暉」と気付かないことさえある。いや、菅田将暉は菅田将暉なのだが……なんだろう、まったくの別人というか……。

特に、主要キャストにしれっと紛れ込んでいる“至って普通”な役柄においては一瞬スルーしてしまいそうになる。
たとえば、『浅田家!』(20)での写真洗浄ボランティア・小野陽介役。後から「えっ?あれ菅田将暉やん!」となるアハ体験。

俗に言う化粧映えする顔なのかもしれないが、やはりその役ごとに猛烈に憑依することで内側からにじみ出る空気感までもが異なるのだ。まさに、日本一のカメレオン俳優。

現在はインテリ野郎な菅田将暉というイメージが植え付けられていると思うが、前述した至って普通な菅田将暉ファンキーな菅田将暉ミステリアスな菅田将暉無機質な菅田将暉など、追いきれないほどたくさんの菅田将暉が存在する。

ここからは、「ミステリと言う勿れ」での整くんと同一人物とは思い難い、“ヤバい”菅田将暉を拝める映画・3作品を紹介していく。

『共喰い』:暴力的な性癖を受け継ぐ多感な少年


(C)田中慎弥/集英社・2012「共喰い」製作委員会

田中慎弥著の芥川賞受賞作を荒井晴彦脚本、青山真治監督により実写化された『共喰い』(13)。
当時、菅田将暉は弱冠19歳にして、大胆な濡れ場を経験することになる。

菅田将暉は、本作品で主演・篠垣遠馬を演じた。
17歳を迎えた遠馬は、幼馴染の彼女・千種(木下美咲)とセックスをするも、遠馬の父・円(光石研)の暴力的な性癖を受け継いでいることに気付く。普段は明るい父とはいえ、そんな一面を持つ父親に嫌悪感を抱いていたにもかかわらず、やはり血には抗えない。


(C)田中慎弥/集英社・2012「共喰い」製作委員会

実母・仁子(田中裕子)はそんな円に愛想を尽かしすでに別居しており、円には愛人・琴子(篠原ゆき子)がいる。遠馬は父とその愛人とひとつ屋根の下で暮らし、夜な夜な父の獣のような姿を覗き見しているというわけだ。

噂には聞いていたが、これは実際に観てみないと体感できない、言うまでもなくディープで過激な衝撃作品。
純粋に「19歳でこんな役を見事演じきった菅田くん、ヤバい通り越してスゴい」という尊敬の念が沸き起こる。

初々しさもありながら、父と同じ血を引く自身の止められない衝動に対する計り知れない苦悶と焦燥感が、鮮明に浮き彫りとなっていた。


(C)田中慎弥/集英社・2012「共喰い」製作委員会

本作品の公開から約9年が経ち、現在28歳の菅田将暉だが、人としても役者としても経験を積んだ今ではなく、19歳の菅田将暉だからこそ体現できた篠垣遠馬でもあると思う。

当時の菅田将暉にとっても多大なる挑戦となった『共喰い』、彼の俳優としての変遷を追うという意味合いでもぜひチェックしてほしい作品だ。

NEXT|次ページ > 『ディストラクション・ベイビーズ』:無邪気に加速する狂気に絶望

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録