あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「鎌倉殿の13人」の、イケオジたちの魅力にむせ返れ!



「鎌倉殿の13人」(C)NHK

今年度のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。鎌倉幕府の勃興と衰退を三谷幸喜が描くこの作品、主人公・北条義時を演じる小栗旬始め、あまたのイケメンが出演している。菅田将暉、山本耕史、青木崇高、中川大志……。

確かにイケメンはカッコいい。男性である筆者の目から見ても、眼福至極である。だが、この作品でカッコいいのは、美しい若武者たちだけではない。

年老いた古武者たち。彼らには、豊富な人生経験と、くぐって来た修羅場の数に裏打ちされた確固たる魅力がある。若者にはまだ出せない、人間力というものがある。

本記事では、そんな“カッコいいジジイたち”から、上総広常役・佐藤浩市、大庭景親役・國村隼、藤原秀衡役・田中泯の3人をピックアップし、それぞれの魅力を伝えるオススメ作を紹介したい。

ジジイの魅力にむせ返れ。

>>>【関連記事】「鎌倉殿の13人」第15話:非情、頼朝。強さとは、力か恐怖か。

>>>【関連記事】<青木崇高>ワイルド&クールな魅力を紐解く

>>>【関連記事】<宮沢りえの無双感>デビューからずっと全盛期の魅力

佐藤浩市~人斬りの色気~


「鎌倉殿の13人」(C)NHK

佐藤浩市
演じる上総広常。坂東武者最後の大物。コワモテでありながら、義時のいい兄貴分でもある。

佐藤浩市の最大の特徴は「色気」である。その「色気」がもっとも発動するのが、今作のような「コワモテの侍」を演じた時だ。

それは「人斬りの色気」とも言える。だが、それは断じてただの「人殺し」ではない。
「必要とあれば、躊躇なく人を斬る。その代わり自分が斬られたとしても、後悔はない」
そのような「覚悟の量」が醸し出す色気だ。

そこで紹介したいのが、『壬生義士伝』(’03)である。



浅田次郎の名作を、『おくりびと』の滝田洋二郎が監督した本作品。

”幕末に咲いた仇花”新選組の中でも、今まであまり語られることのなかった吉村貫一郎という人物を主人公に据えている。”壬生狼”と呼ばれ、恐れられた新選組。その切り込み隊長であり、主人公・吉村貫一郎のライバルでもある斎藤一を演じているのが、佐藤浩市である。

この斎藤一という人物は、多くの”新選組もの”で活躍している。
しかし、この『壬生義士伝』における佐藤浩市こそが、”ベスト・オブ・斎藤一”だと思っている。筆者的に。

まさに”狼”のようにギラギラした斎藤一に対し、ズーズー弁で人懐っこくひょうきんな吉村貫一郎(中井貴一)は、イラつく存在であった。

「この時わしは、ひと月ほど人を斬っていなかった。この男を斬ろうと決めた」

そんな、あまりにもあんまりな理由で、二人きりの帰り道に吉村に斬りかかる斎藤。なぜこんなことをするのか、命は惜しくないのか、そう問い詰める吉村に、斎藤は答える。

「俺はいつ死んでもかまわん。斬ってくれる奴がいないから、生きているだけだ」
吉村からしたら、はた迷惑千万である。

こんな悪鬼のような斎藤にも、実は”おもい人”がいる。「ぬい」というこの女性(中谷美紀)の前でだけ、斎藤は人間らしい表情を見せるのだ。普段は阿修羅のような斎藤が、照れ笑いなんかも浮かべたりして、そのギャップ萌えが、なんというかズルい……。「こういう男がモテるんだな……」と、大いに勉強になる。

そして、斎藤が唯一ぬいを紹介した隊士が、他でもない吉村なのである。「俺がもっとも憎んだ男」と、語っていたにも関わらずだ。

負け戦の最中、自分も傷つき餓えながらも、他隊士のことばかりを気遣う吉村に、斎藤は怒りを爆発させる。

「俺はお前が大嫌いだ! たかが糞袋が、何ゆえ他人の腹を気遣う!?」
「吉村、お前は逃げろ……。お前は、死んではならん……!」

時は明治となり、あんなに死にたがっていた斎藤は生き残り、すでに老人となって孫を連れている。
戦乱の中で消息不明となっていた吉村の最期を伝え聞き、斎藤は涙を流す。
吉村貫一郎のことを、もっとも憎みながらも、もっとも愛していたのが、この斎藤一だった。

……この作品における斎藤一は、佐藤浩市以外には考えられない。

浅田次郎はどうやら斎藤一が大好きで、『一刀斎夢録』という斎藤一を主人公とした名作もある。この作品は、老後の斎藤一が新選組時代を語るという物語である。現在の佐藤浩市にピッタリの役柄だ。

映像化の際は、絶対に佐藤浩市でお願いします、偉い人。

NEXT|次ページ > 國村隼~ただ、その場にいること~

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録