国内ドラマ

REGULAR

2022年06月08日

「ちむどんどん」第43回:いいかげんにして! 朝ドラ史上初、主人公の家族全員、問題あり 

「ちむどんどん」第43回:いいかげんにして! 朝ドラ史上初、主人公の家族全員、問題あり 


>>>「ちむどんどん」の画像を全て見る

2022年4月11日より放映スタートしたNHK朝ドラ「ちむどんどん」。

沖縄の本土復帰50年に合わせて放映される本作は、復帰前の沖縄を舞台に、沖縄料理に夢をかける主人公と支え合う兄妹たちの絆を描くストーリー。「やんばる地域」で生まれ育ち、ふるさとの「食」に自分らしい生き方を見出していくヒロイン・比嘉暢子を黒島結菜が演じる。

本記事では、その第43回をライター・木俣冬が紐解いていく。

「ちむどんどん」をU-NEXTで見る


>>>【関連記事】<ちむどんどん・沖縄編>1回~25回までの解説/考察/感想まとめ

>>>【関連記事】『明け方の若者たち』デリケートでどこか諦念に満ちた若い男女の恋

>>>【関連記事】「着飾る恋には理由があって」全10話のネタバレ感想


おでんは前途多難、ニーニーはまた金の無心

こんななじみのないものじゃなくて もっとありきたりなホッと心が安らぐ しみるような味のおでんを…。(和彦)

新しくて個性的なおでんにしないとうちがここに来た意味ないさ(暢子)

もっと地味で新鮮味はなくても 大切なことがきっとあるはずだよ。 そういう料理を暢子は志すべきだよ(和彦)


うちは料理のプロとして結果を出さないといけないわけ。詳しくないならえらそうに言わないでよ(暢子)

逸る暢子(黒島結菜)を諭す和彦(宮沢氷魚)。暢子のことを思って助言している和彦ですが、自分の腕に自信があり、自分が任された以上、新しいことをしないといけないと思い込んでいる暢子はムッとしてしまい、険悪になります。

このせりふの「おでん」「朝ドラ」に置き換えてみましょう。

「こんななじみのないものじゃなくて もっとありきたりなホッと心が安らぐ しみるような味の朝ドラを…」

「新しくて個性的な朝ドラにしないとうちがここに来た意味ないさ」

「うちは朝ドラのプロとして結果を出さないといけないわけ。詳しくないならえらそうに言わないでよ」

どうですか、しっくりしませんか。

「ちむどんどん」とは暢子のつくる先走った味で、昔ながらのおでんを求める層には違和感なのではないでしょうか。

今日もまた、ニーニーこと賢秀(竜星涼)優子(仲間由紀恵)に借金を頼んでいました。「いいかげんにして!」「どれだけお母ちゃんを悲しませたら気が済むわけ」と叱る良子(川口春奈)も離婚を決意し子供を連れて実家に戻ってきています。

家に電話を引くことができた働き者の歌子(上白石萌歌)ですが病弱なまま。暢子は周囲を気にせず斬新なことをやって暴走気味。第42回では「親心」と言ってた房子(原田美枝子)を第43回では「意地悪」と愚痴って、ヨシ(大島蓉子)にぴしゃりと叱られました。

朝ドラで主人公をはじめとして家族全員が問題を抱えて、共感しづらい人たちぞろいであることは珍しいです。暢子の料理のように斬新であります。

でもこういう人たちがいないとは言えません。いや、います。世界にはいるのです、こういう人たちが。「万引き家族」という映画がありましたよね。そういう感じです。万引で生計を立ててないだけましです。

おでんにほっこりする視聴者ではなく、斬新なイタリアふうおでんに目を輝かせる新しい視聴者のためのドラマ、それが
「ちむどんどん」。

ウチナーンチュじゃなくても同じ鶴見の仲間。縁がありゃお互い助け合うのが人の道だ(三郎)

三郎(片岡鶴太郎)が言うように、昔ながらのおでんが好きな人も斬新なおでんが好きな人も手を取り合っていきたいものです。

(文:木俣冬)

「ちむどんどん」をU-NEXTで見る


>>>【関連記事】<ちむどんどん・沖縄編>1回~25回までの解説/考察/感想まとめ

>>>【関連記事】『明け方の若者たち』デリケートでどこか諦念に満ちた若い男女の恋

>>>【関連記事】「着飾る恋には理由があって」全10話のネタバレ感想

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

(C)NHK

RANKING

SPONSORD

PICK UP!