あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

「仮面ライダーリバイス」「暴太郎戦隊ドンブラザーズ」夏映画がすごすぎた!ネタバレ満載でレビュー

■オジンオズボーン・篠宮暁の“特撮”向上委員会

最初に。

ネタバレありきで書かせてください。



久しぶりの仮面ライダー、スーパー戦隊2本立ての夏映画となった『劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア』と『暴太郎戦隊ドンブラザーズ THE MOVIE 新・初恋ヒーロー』。

これまでの2本立て夏映画と同様に、スーパー戦隊約30分、ライダー約1時間の構成だったんですが、最初に上映される「ドンブラザーズ」がとにかく30分フルスロットル飛ばしまくりですごすぎました。



映画の撮影という設定でタロウとはるかが青春恋愛作品の役を演じるんですが、二人の演技がぶっ飛びすぎてて笑いが堪えきれません。

とにかくブレずにしつこくやる。

正直、セリフなんてあってないようなもんで、ところどころ何言ってるか聞き取れないなんてことも多々あったんですが、そんなことはもうどうでもいいんです。

あの喋り方をもっと聞きたいという、謎の中毒になってしまいました。



走るシーンももう最高。

映画だからなんでもあり。

ドンブラメンバーがとっかえひっかえ現れては、はるかを口説いていくのも面白い。

介人のシーンでは「ゼンカイジャー」のメンバーも映り、さらに興奮度アップ。

そしてなんと言ってもこの映画の一番の見どころは、ここまでずっと封印してきた「名乗り」をなんと初披露したこと。

テレビ本編で出さずに、まさかここで出すとは!!

「ヒーローなら名乗ってみろ」と言われたドンモモタロウの「いいんだな?本当にいいんだな?」というセリフのシーンで、見てるこっちの気持ちは「嘘だろ?ここでいくのか?本当にいくのか?」と思いながらも期待感は青天井。

まるで「全力!脱力タイムズ」でコンビが揃ったときのアンタッチャブル・柴田さんのよう。

なぜか腹をくくり、名乗りに備えるや否や、ついに見ることができたドンブラザーズの名乗り。

心の声では「よっ!待ってました」と叫びました。

スーパー戦隊の名乗りは歌舞伎の白浪五人男がルーツとされていますが、きっと江戸時代の人達もこんな気持ちで「よっ!待ってました!」を言っていたに違いありません。



そこからの戦隊名乗り。

オープニングで毎週見てるはずなのに超新鮮。

許されるなら拍手したかった。

「ゼンカイジャー」では毎回違う手の込んだ名乗りにワクワクしてましたが、名乗りを見せないことでワクワクさせるドンブラザーズ、天才。

ねぶた仕様のドンオニタイジンの上に揃ったドンブラザーズは、それはそれは美しかった。

例年のスーパー戦隊夏映画では、夏映画オリジナルのロボが出てくるところで興奮してる部分もあったんですが、ドンブラは巨大戦なし。

潔い。

むしろ全然いらない。

こんな素敵な名乗りの後に、もし巨大戦があったとしてもきっと霞んでたことでしょう。



夢オチからの総ブーイングの大オチもドンブラらしい。

こんなに笑ったスーパー戦隊映画、いや特撮映画はありません。

最高で完璧な30分でした。



全ての画像を見る
NEXT|次ページ > トピック満載だった『劇場版 仮面ライダーリバイス バトルファミリア』

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

劇場版「リバイス・ドンブラザーズ」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)テレビ朝日・東映AG・東映