(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

2022年08月19日

<全力解説>『ソニック・ザ・ムービー』がゲームの映画化作品として大成功した「5つ」の理由

<全力解説>『ソニック・ザ・ムービー』がゲームの映画化作品として大成功した「5つ」の理由



2022年8月19日の夕方5時55分より、『ソニック・ザ・ムービー』がテレビ東京系列で地上波初放送となる。

まず、本作はゲームの映画化作品として、トップクラスの大成功を果たしたと断言しておきたい。事実、2020年2月に全米で公開されてすぐに超大ヒットを記録し、『名探偵ピカチュウ』(2019)を超えてゲーム原作映画史上最高のオープニング記録を樹立していたのだから。

だが、その後すぐに新型コロナウイルスの蔓延のために世界中の映画館が閉鎖されてしまうという、公開のタイミングとしては不遇な作品でもあった。日本でも2020年6月に延期され劇場上映されたものの、観逃してしまったという方も多いのではないか。

それは非常にもったいない。原作ゲームへの愛に溢れていると同時に、全く知らなくても問題なく楽しめるので、ぜひ今回の地上波放送で、万人向けの面白さや志の高さを(再)確認していただきたい。ここでは、重要なネタバレに触れない範囲で、映画の内容そのものを称賛したい理由を記していこう。

1:大不評のデザインを作り直したからこその大成功!

この『ソニック・ザ・ムービー』は、とてつもなく悪い意味で話題になったこともある。2019年3月〜4月にビジュアルや予告編が公開された時に大ブーイングの嵐となり、ソニックの産みの親である中裕司も苦言を呈してしまうほどだったのだ。

その理由は、肝心の主人公であるソニックが、申し訳ないが「可愛くない」「気持ち悪い」と言わざるを得ないキャラクターデザインだったこと。これらの批判を受けてジェフ・ファウラー監督はデザインの変更を約束した。


その時点でどれほど本編が完成していたかは定かではない(大部分が作られていなかったという噂が多い)が、CGをイチから作り直す作業にかかった費用と労力とは尋常なものではなかっただろう。

※こちらの特報では変更前のデザインのソニックが見られる



その結果として、出来上がった映画のソニックはとても可愛らしく、クールな印象や毛並みのモフモフ感も見事に表現された、ファンも大納得のデザインとなった。そして、完成した映画は興行的にも批評的にも大成功。「批判を受けての作り直しという決断」「血の滲むようなスタッフの尽力」が報われる映画としても、歴史に残るだろう。

(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

なお、その変更前のデザインのソニックはなかったことにされたかと思いきや、2022年5月よりDisney+で配信中の映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』に「アグリー(醜い)・ソニック」という不名誉すぎる役名で登場している。同作は際どいパロディが満載の内容であり、そのアグリー・ソニックはネタ枠として登場するだけかと思いきや……ぜひ、実際に観ていただきたい。


2:ソニックといえばやはりハイスピードアクション!

この『ソニック・ザ・ムービー』で多くの人が魅力としてあげるのは、やはり、「ソニック・ザ・ヘッジホッグ(音速のハリネズミ)」という主人公の名前通り、原作ゲームで最も重要な特徴であるハイスピードアクションを映画で再現したことだろう。

(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

特に中盤のバーでの「ほぼ止まった時間の中でたくさんのことをする」というシーンは白眉。(後述する悩みを抱えるが)ちょっとイタズラ心もあるソニックが生き生きとしていて楽しい。アイデアそのものはヒーロー映画『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)という先駆があるものの、さらに軽快かつコミカルに、もちろん世界最高の映像技術を持つチームが総力をもって描いたことに魅力がある。

その他もソニックが一瞬で様々なことをする様がコメディとして楽しいし、オープニングからド迫力のハイスピードバトルから始まり「展開が早すぎ?性格でね!」と、(後述する)「おしゃべり」な様も含めて、メタ的なセリフで示してしまうのも上手いところだ。

(C)2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

なお、ソニックが中盤でプレゼントされる「あるもの」は原作ゲームの再現。初めのパラマウントのロゴや、はたまたエンドロールの映像で原作への愛がストレートに打ち出されていることも本作の美点だ。

また、ソニックは「どうもキノコは好きになれない」と言っているのだが、これはキノコを食べると大きくなったりする、「マ」から始まる世界一有名なゲームキャラクターへの「くすぐり」だろう。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

RANKING

SPONSORD

PICK UP!