13日の金曜日に『ジーパーズ・クリーパーズ』シリーズ!

2020年3月13日は金曜日です。

13日の金曜日……とくれば、これはもうずばりホラーの日(!?)。現にその名を冠した大人気ホラー・シリーズも作られたりしていますが、今回は現在アイマックスで上映されている『地獄の黙示録』の監督フランシス・フォード・コッポラが製作総指揮のひとりとして参加した都市伝説型ホラー映画『ジーパーズ・クリーパーズ』シリーズをご紹介したいと思います。

23年ごとに襲い来る
都市伝説の正体とは

(C)2001 UNITED ARTISTS FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED. 

トリッシュ(ジーナ・フィリップス)とダリー(ジャスティン・ロング)の姉弟は春休みを利用して帰省すべく車で田舎道を走っていたところ、後ろから急に不気味なトラックに挑発され、パニック寸前の事態へ陥ってしまいます!

まもなくしてトラックは通りすぎ、落ち着きを取り戻した姉弟でしたが、ふと23年前にこの地で行方不明になった高校生カップルの話を思い出しました……。

やがて例のトラックが教会のそばに停まっており、運転手らしき大男が何か奇妙なものを地下に続く排水用パイプに捨てているのを目撃。

その後、再びトラックに襲われて危うく死にかけた姉弟は、引き返してパイプの中を調べるのですが、そこには……!

『ジーパーズ・クリーパーズ』は「23年に一度、23日間人々が消える」という都市伝説の恐るべき真相を描いたホラー映画です。

タイトルは1938年にヒットした曲《ジーパーズ・クリーパーズ》から採られていて、「《ジーパーズ・クリーパーズ》が聞こえてきたら逃げるのよ!」といった警告が大きなカギともなっています。

また、「23日」「23人」といった23という数は、災害などに関して大きな重要性を持つと言われる“23エニグマ”の思想を基に採り入れたもののようです。

監督は『マニアック1990』(89)や『パウダー』(95)などのヴィクター・サルヴァで、全体に流れる雰囲気が、1970年代に流行した『激突!』(71)や『悪魔のいけにえ』(74)などの低予算サスペンス&ホラーのテイストをそこはかとなく漂わせているのは、コッポラへのリスペクト的な要素も含まれているのかもしれません。

コッポラ自身『ディメンシャ13』(63)や『ドラキュラ』(92)、『Virginia/ヴァージニア』(11)といったホラー映画を撮っています。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com