真夏に見る真冬の駅伝の醍醐味!『風が強く吹いている』

Photo by Tomasz Woźniak on Unsplash 

東京2020も甲子園もなくなった今年の夏ではありますが、公園などではマスクをしながらジョギングしたり運動している人をよく見かけます(熱中症にはくれぐれもご用心ください)。

やはり夏は身体を動かして、汗を流したいもの。

また、8月14日からは高校自転車競技を題材にした人気漫画を原作とする映画『弱虫ペダル』も公開されます。

TV&劇場版アニメも大人気の青春群像スポーツものは、いつの時代も不変の支持があるというもの。

というわけで、今回は『弱虫ペダル』が自転車なら、こちらは箱根駅伝だ! とばかりのスポーツ映画『風が強く吹いている』をご紹介!(…って、こちらの舞台は真冬ですけど、まあいいか。ちなみに『風が強く吹いている』もアニメ化されてます)。

(C)2009「風が強く吹いている」製作委員会 

箱根駅伝に臨む
10人の大学寮生!

『風が強く吹いている』は直木賞作家・三浦しをんの同名小説の映画化です。

寛政大学4年生のハイジ(小出恵介)は新入生のカケル(林遣都)に声をかけ、半ば強引に自分が寮長を務める竹青荘(チクセイソウ=通称アオタケ)に格安プラス毎朝5キロ走るという条件で住まわせてしまいました。

ハイジは将来を嘱望されていた天才ランナーだったのですが、致命的な怪我によって一時は諦めかけていた夢を、再び追うようになっていたのです。

そしてカケルもまた天才ランナーでありながら、とある事件を機に忸怩たる想いのまま大学進学していたのでした。

かくしてハイジはアオタケの寮生たちを率いて、宿願でもあった箱根駅伝に出場することを宣言!?

しかしハイジとカケル以外の面々ですが……。

年長25歳のヘビースモーカー留年生ニコチャン先輩(川村陽介)。

司法試験に一発合格したエリートのユキ(森廉)。

クイズおたくのキング(内野謙太)。

上京して自分が凡人であることを悟った神童(橋本淳)。

「黒人は足が速い」という偏見に困り顔の留学生ムサ(ダンテ・カーバー)。

イケメンで漫画オタクの王子(中村優一)。

女にモテることしか考えてないジョータ&ジョージの双子兄弟(斉藤慶太&斉藤翔太)。

……と、まあ、みなそれぞれ一見して駅伝とは無縁の人生を過ごしてきた素人ばかりなのでした……が!

青春と人生の再生を描いた
スポーツ映画の快作

本作は一時は挫折を余儀なくされたふたりの天才ランナーを中心に、人生の再生を繊細な感性でポジティヴに描いた青春スポーツ群像映画の快作です。

ここではアオタケの住人たちが幾多の衝突を繰り返しながら、大きな夢に向かって連帯していくさまがテンポよく描かれ、その勢いに乗せながらクライマックスの箱根駅伝に乗り込んでいきます。

原作小説そのものの秀逸さもさながら、演劇活動から脚本家として活動中の大森寿美夫のかっちりと構成された脚本の巧みさと、それに応じた自身の初々しくもオーソドックスな演出が見事に合致。

本作は大森寿美夫の映画初監督作品でもありましたが、結果として同年度のキネマ旬報ベストテン第10位、および横浜映画祭新人監督賞&審査員特別賞を受賞しています。

主人公となる二人はもとより、駅伝に臨む10名のキャラクター個々のユニークな描出が前半部できちっと描かれていることで、後半の駅伝シーンに対するシンパシーもより高まっていき、同時に真冬の寒さを蹴散らす映画そのものの熱が画面いっぱいに発散されていきます(でも真夏の訓練シーンも割と多し!?)。

真夏に冷房の効いた部屋で見る冬の駅伝というのもオツなもの、ぜひお試しあれ!

(しかし来年の駅伝、開催されるかな……)

(文:増當竜也)

他の記事も読む
映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com