映画『キャッツ』の前に見てほしいドキュメンタリー『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』

 © 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

1月24日より公開となるミュージカル映画『キャッツ』が早くも世界中で賛否の嵐を吹き荒らしています。

1981年にイギリス・ロンドンで初演され、82年にアメリカ・ブロードウェイで、そして83年より日本でも劇団四季によって上演され続けたアンドルー・ロイド・ウェバー作曲の大ヒット・ミュージカルを、映画版『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督のメガホンで映画化。

……したまでは良かったのですが、問題は舞台同様に猫のキャラクターを猫人間仕様で登場させたことで、舞台なら何ら違和感のなかった諸描写が映像だと妙にリアルに映えてしまい、不気味に感じたり艶めかしく感じたりと、一種異様な雰囲気が醸し出されてしまい、そこに賛否の意見が飛び交うようになってしまいました。

もっとも最初からそういう作品であると認識した上で鑑賞すれば、カルト的なミュージカル大作映画として堪能することも大いに可能ではあり、事実、私自身はそうやって愉しむことができました。

いずれにしましても、あまりSNSの炎上記事などに惑わされることなく、自分自身の目で確かめていただくことをお勧めしたいと思います。

名作舞台『コーラスライン』の
オーディション風景を収録!

さて、そんな映画『キャッツ』の原作ともなった舞台版はもとより、人気ミュージカルの舞台はどのように作られていくのでしょうか?

特に役者志向の人であれば、どういう風にキャスティングを選んでいくのか? という点も大いに気になるところではあるでしょう。

そんな疑問に答えてくれるドキュメンタリー映画が『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』なのでした。

(C)Vienna Waits Productions LLC.

本作に収められているのは、2006年に再演された『コーラスライン』のオーディション現場の模様。

『コーラスライン』は1975年にブロードウェイで初演され、1985年には反戦ミュージカル映画の傑作『素晴らしき戦争』(69)の巨匠リチャード・アッテンボロー監督で映画化もされている名作です(日本でも劇団四季で上演)。

その内容は、ブロードウェイの劇場でコーラスライン(そもそもは稽古の際、メインキャストとコーラス=役目のないキャストを隔てるために壇上に引かれる線のこと)のオーディションに参加した17人のダンサーたちの合否の運命を描いた群像劇。

つまり『ブロードウェイ♪ブロードウェイ』とは、オーディションを受けるダンサーたちを題材にした舞台ミュージカル『コーラスライン』の、実際のオーディション風景を映像に収めたものなのです!

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com