シリーズとはほぼほぼ無関係なSFアクション『ポリス・ストーリー/REBORN』

 (C)2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED

最初にお断りしておかなければいけないのは、ジャッキー・チェン主演の2017年度アクション大作『ポリス・ストーリー/REBORN』(17)は、ジャッキーの代表作でもある本家『ポリス・ストーリー』シリーズ(85~)とはほぼほぼ関係のない作品です。

なぜ“ほぼほぼ”かというと、エンドタイトルの主題歌がシリーズ第1作『ポリス・ストーリー/香港国際警察』(85)の主題歌《英雄故事》の北京語ヴァージョンだからです。

さらにこの作品、実はSF仕立てになっていて、その意味でも『ポリス・ストーリー』シリーズのノリを期待して接すると、はっきりいって面食らうこと必至。

では面白くないのかと問われると決してそうでもなく、いろいろな視点から見ていくことで結構楽しめるエンタメ作品には成り得ています。

人工心臓をめぐる
13年越しの攻防戦!

『ポリス・ストーリー/REBORN』は2007年の香港から始まります。

白血病で危篤状態の幼い愛娘シーシーのもとに向かっていた国際捜査官リン・トン(ジャッキー・チェン)は、上司の命令で遺伝学者ジェームズ博士を軍の基地まで護送するS.W.A.T.のミッションに急遽駆り出されることになってしまいました。

ジェームズ博士は武器商人のために生化学兵器を研究していましたが、そんな彼の実験体だったアンドレ(カラン・マルヴェイ)が研究員を殺害し、武器商人も殺してその資産を我が物にしたというのです。

アンドレはジェームスが開発した人工心臓の実験データを奪うべく犯罪組織を率いて急襲し、警官隊は壊滅。

しかし残されたリンの決死の行動でアンドレは爆死、それと共にリンも行方不明となりました……。

そして舞台は13年後のオーストラリア、シドニーへ、一気に移ります。

かつての事件を元ネタにした小説「ブリーディング・スチール」が出版されることになったことで、著者のリック・ロジャーズはいかにして元ネタを入手したのかを知るべく、女装した男と女殺し屋(テス・ハウブリック)と覆面の男が、それぞれ別々にロジャースの部屋に侵入。

女と覆面男との格闘の果てにロジャースは命を落としますが、元ネタのデータは女装男のハッカー、リ・スン(ショウ・ルオ)がゲット。

ちなみに女は、13年前の事件の爆破後も実は生きのびていたアンドレの手下でした……。

そして覆面男の正体はリン……。

リ・スンはデータの中にあった写真の女子大生ナンシー(オーヤン・ナナ)が何か鍵を握っているとにらみ、彼女に接近しようとします。

ナンシーは夜ごと悪夢にうなされては“魔女”と呼ばれる心霊術者の治療を受けていました。

そしてその悪夢とは、かつてジェームズ博士がアンドレに施していた人体実験の模様だったのです……。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com