『ジョジョ・ラビット』『マイテイ・ソー』監督の出世作『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の見どころ

(C)2019 Twentieth Century Fox

本年度のアカデミー賞に作品賞や監督賞など6部門にノミネートされたことが発表されたばかりの『ジョジョ・ラビット』が1月17日より公開となります。

これは戦時下のドイツを舞台にヒトラーを心の友とする軍国少年と、彼の家にひそかに匿われてたユダヤ人少女との数奇な交流を通してファシズムや戦争、差別や偏見の思想を厳しく糾弾していく傑作で、その語り口は辛口のユーモアで徹底されています。

監督のタイガ・ワイティティはマーベル映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』で世界的ヒットメーカーの座に躍り出た才人ですが、同作を見てもおわかりのように、彼の資質の源泉がユーモアにあることは間違いなく、そこで今回はそれを裏付けるに足る出世作の2014年度作品『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』をご紹介したいと思います。

(C)SHADOW Pictures Ltd MMXIV 

邦題のまんまシェアハウスしているヴァンパイアたちが織り成すアドリブ満載の人を食った(いや噛んだ?)ホラー・コメディ。怖い映画が苦手な方でもほぼほぼ大丈夫な、人を食ったアイデアに満ちた快作です!

現代に潜むヴァンパイアの
愉快な日常

『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』の舞台は現代のニュージーランドの首都ウェリントン。

その一角に379歳のヴィアゴ(タイカ・ワイティティ)や183歳のディーコン(ジョナサン・ブロー)、862歳のヴラゴ(ジェマイン・クレメント)、そして8000歳のピーター(ベン・フランシャム)といったヴァンパイアがシェアハウスしながら暮らしています。

夜ごとの演奏会やダンスを楽しみ、ときどき外出しては馴染みのパブで憩う彼らの日常はとても愉快そう。

そんなある日の晩餐で、ピーターが大学生のニック(コリ・ゴンザレス=マクエル)を甘噛みしてしまい、かくして彼もヴァンパイアとして仲間入り。

やがてニックは人間の友人スチュー(スチュー・ラザフォード)をシェアハウスに招き入れてしまいますが……。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com