爆薬33キロ使用でギネス達成!これが映画史上最大の爆破シーンだ!『007 スペクター』

日本での公開が、11月27日、28日、29日の先行上映と12月4日全国公開が迫る最新作『007 スペクター』の、本編のクライマックスにて行われる爆破シーンが「映画史上最大の爆破シーン」としてギネス世界記録となった。
007

今までにない規模の大爆発

一回のシーンの撮影に、なんと8,418リットルの燃料と、33キロの爆薬を使用。その大爆音と振動は、事前に半径32キロメートル内の人々に警告しなければならなかったほどの規模で、7.5秒続いた。
撮り直しがきかないこの緊張感高まる危険なシーンを無事に撮り終えた瞬間には、クレイグと監督のサム・メンデスが思わず抱き合うほどであった。
『007 スペクター』ギネス達成1
シリーズ最新作『007 スペクター』は2015年11月27日、28日、29日の先行上映があり12月4日に全国ロードショー。
公式Facebbok http://www.facebook.com/JamesBond007JP

関連記事

『007 スペクター』キャラクタ―ビジュアル一挙解禁!
映画『007 スペクター』のボンドカーを前に細川茂樹がボンド愛を語る
『007 スペクター』とボンド愛用の腕時計・オメガのコラボ映像が解禁!
英国王室からもご臨席―映画『007 スペクター』ロイヤルプレミア開催

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事