「ドラえもん」が興収17億円突破!『グレイテスト・ショーマン』は興収27億円に!

先週末(2018年3月10日〜11日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『映画ドラえもん のび太の宝島』

2位(NEW)北の桜守

3位(→)『グレイテスト・ショーマン』

4位(↓)『ブラックパンサー』

5位(NEW)去年の冬、きみと別れ

6位(↓)『空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎』

7位(↓)『シェイプ・オブ・ウォーター』

8位(NEW)『坂道のアポロン』

9位(↓)『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』

10位(↓)『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』

先週1位を獲得したのだ『映画ドラえもん のび太の宝島』が今週も1位。土日2日間で動員59万9000人、興収7億400万円という2位以下の作品と一線を画す圧倒的強さで2週連続の首位を獲得。累計では早くも動員145万人、興収17億円を突破。

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

吉永小百合の120本目の出演作“北の三部作”の最終章『北の桜守』は、土日2日間で動員18万9000人、興収2億1600万円をあげ2位に初登場。監督は「おくりびと」の滝田洋二郎が務め、堺雅人、篠原涼子、阿部寛、佐藤浩市ら豪華共演陣が脇を固める。

また、5位、8位、10位も初登場で 『去年の冬、きみと別れ』、『坂道のアポロン』、『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』が初登場となった。

 既存作品では、3位の『グレイテスト・ショーマン』が累計興収27億円を、6位の『空海 -KU-KAI-美しき王妃の謎』が累計興収11億円を突破した。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com