『8年越しの花嫁』、興収25億円、観客動員数200万人突破!

2017年12月16日(土)に公開された映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』が、興収25億円を突破し、観客動員数200万人突破を果たした。

(C)2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

本作は、結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁と、彼女を8年間待ち続けた新郎との奇跡の実話を描いた映画。

「今までで一番泣いた映画」「涙なしでは見られない!」といった口コミが 話題を呼び、さらに第41回日本アカデミー賞で4冠を獲得するなど高評価も集まり、ついに全国公開7週目の2018年1月28日、 興行収入25億円を突破、観客動員数200万人を突破した。

さらに、この大ヒットを記念し、2月7日(水)に主演・佐藤健による大ヒット御礼舞台挨拶の実施が決定。「10回以上観た!」というリピーターも続出中の本作、今後さらなるロングランヒットが期待される。

http://8nengoshi.jp/

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com