『ホモ・サピエンスの涙』11月20日(金)公開決定|ロイ・アンダーソン監督 最新作

©Studio 24

ロイ・アンダーソン監督の最新作『ABOUT ENDLESSNESS(英題)』が『ホモ・サピエンスの涙』の邦題で、11月20日(金)より公開されることが決定した。

前作『さよなら、人類』(14年)で、第71回ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞(グランプリ)に輝き、5年ぶりの最新作となる本作でも同映画祭銀獅子賞(最優秀監督賞)を受賞したスウェーデンの巨匠ロイ・アンダーソン監督。CGはほぼ使わず、野外撮影ではなく巨大なスタジオにセットを組み、模型や手描きのマットペイント(背景画)を多用するというアナログにこだわった手法で傑作を生み出し続けてきた。

本作で描かれるのは、時代も性別も年齢も異なる人々が織りなす悲喜劇。映像の魔術師ロイ・アンダーソン監督が構図、色彩、美術と細部まで徹底的にこだわり、全33シーンすべてをワンシーンワンカットで撮影。悲しみと喜びを繰り返してきた人類の姿を映し出す。

作品情報

出演:マッティン・サーネル、タティアーナ・デローナイ、アンデシュ・ヘルストルム
監督・脚本:ロイ・アンダーソン(『愛おしき隣人』『さよなら、人類』)
撮影:ゲルゲイ・パロス
2019年/スウェーデン=ドイツ=ノルウェー/カラー/76分/ビスタ/英題:ABOUT ENDLESSNESS/原題:OM DET OÄNDLIGA
後援:スウェーデン大使館
配給:ビターズ・エンド
2020年11月20日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

⇒他の記事も読む

関連記事

『たちあがる女』北欧出身の実力派女優に大注目!“たちあがる”女性は強くてカッコイイ
ベネチア国際映画祭グランプリ作品『さよなら、人類』の新ビジュアルが公開
『さよなら、人類』予告編&ビジュアル解禁!ナレーションは板尾創路
『ミッドサマー』が大ヒット中!価値観や常識が試される衝撃の内容とは?
スウェーデンに旅したくもなる?90分で見られる週末オススメ映画! 第3回「ロッタちゃん はじめてのおつかい」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com