実写版『アラジン』特報解禁!2019.6.7に日本公開!

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
 

名作アニメーション映画『アラジン』を、ディズニーが実写映画化。この度、日本公開日が2019年6月7日(金)に決定し、特報予告・ティザーポスターも解禁となった。

1992年に公開されたこのアニメーション映画は、その年の世界興行収入1位となる大ヒットを記録しただけでなく、主題歌「ホール・ニュー・ワールド」がアカデミー賞歌曲賞、ゴールデングローブ賞主題歌賞、そしてグラミー賞最優秀楽曲賞(’94)を受賞するなど、まさに世界中に大旋風を巻起こし、今なお語り継がれるディズニー不朽の名作として一つの頂点を極めた作品。

25年の時を経ても全く色あせることなく世界中で愛され続けてきた本作の実写化は、『美女と野獣』を超える究極のエンターテイメントとして、早くも世界中で大きな話題となっている。

解禁された特報では、これから何かが起こることを予感させる静かな砂漠と、今にもジーニーが飛んで来そうな怪しげな夜空に、豪華出演者の名前が映し出されては砂になって消える…どこか切ない描写が印象的なカット、そして、すっかりお馴染みとなった「フレンド・ライク・ミー」をアレンジしたBGMが力強く響く、期待を煽る映像になっている。

また、同時に日本版ティザーポスターもお披露目され、『アラジン』を象徴する「“3つの願い”を叶える“魔法のランプ”」が登場。ファンタジックで印象的な
ランプは、どのように観客の願いを叶えてくれるのか?期待が一層高まるビジュアルとなっている。

貧しいながらも勇気とまっすぐな心を持つアラジンを演じるのはメナ・マスード、そして、ディズニー・プリンセスとしても人気が高い、自由を求める王女ジャスミン役にはナオミ・スコット。

大役を任された若手俳優たちと共に、ランプの魔人ジーニーとして名作に加わったのが、『メン・イン・ブラック』シリーズなど数々のメガヒット作に出演してきたウィル・スミス。

そして、実写映画化のメガホンを取った『シャーロック・ホームズ』シリーズなどスタイリッシュな映像表現で知られるガイ・リッチー監督がどのような『アラジン』の世界を生み出すのか。

さらに、世紀の名曲「ホール・ニュー・ワールド」を作り出した作曲家アラン・メンケンが本作にも参加しており、あの名シーンがどのように描かれるのか、また、新たなる名曲が生まれるのか。世界中がその全容が明かされるのを待ち焦がれている。

他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com