『アリータ:バトル・エンジェル』エンドロール曲がデュア・リパに決定!

(C) 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
 

木城ゆきと原作による伝説の漫画「銃夢」の映画化『アリータ:バトル・エンジェル』が2019年2月2日(金)に日本公開。この度、本作のエンドロールで流れるオフィシャル・シングルが“デュア・リパ”が手掛ける「Swan Song」に決定した。

期待を一心に背負ったデュア・リパは、音楽界で最も名誉がある音楽祭のうちの1 つ、2019 年グラミー賞で最優秀新人賞と最優秀ダンス・レコーディング賞にダブル・ノミネートされた世界的なトップ・シンガー。

力強い祝歌“New Rules”が、ビルボード・ソング・チャートで首位連続最長記録を更新するなど今最もホットなアーティストである彼女は「アリータには、負けん気の精神とヘアスタイルの両方で、ちょっと私と似たところがあるの。作品は、パワーを手にすること、自分の存在意味を自分で見出すことを描いた物語で、私はそこに共感しているわ」と、アリータの力強いキャラクターと自身で道を切り開く強さに共感できる物語だと語る。

そんな本作の壮大な世界観とアリータの物語を表現したオフィシャル・シングルは、デュア・リパと『マッドマックス 怒りのデス・ロード』をはじめとする映画音楽や有名アーティストのリミックスも手掛ける“ジャンキーXL”らと共同で制作し、もちろん自ら歌唱も担当する。

ニューヒロインは、なぜ過去を知り、闘わなくてはならないのかデュア・リパの楽曲に彩られたアリータの成長を描くドラマティックなストーリーと激しいバトルにも注目だ。

他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com