大人がハマる海外ドラマ『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』に髙嶋政宏ら著名人が絶賛コメント!

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

FBIも存在を知らない“S級スパイ”の任務を描くサスペンス・アクション『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』。現在、シーズン1~3のDVDが発売・レンタル中、デジタル配信中だ。この度、雑誌「昭和40年男」と20世紀FOXの特別企画として、これまで「昭和40年男」に登場した著名人から本作への絶賛コメントが到着した。

本作は、オモテの顔は普通の夫婦だが、正体はアメリカ人になりすました“ロシア人スパイ”が、潜入、暗殺、ハニートラップなど、あらゆる手を駆使したスパイ・ミッションと、彼らを追うFBIとの攻防戦をスリリングに描いたスパイ・アクション。アメリカで普通の夫婦を装い任務を遂行していた“実在のスパイ”がモデルとなっていることや、元CIAのスパイが企画・製作総指揮をしているだけに、圧倒的なリアリティであることが評価されている。本国での評価も高く、第74回ゴールデン・グローブ賞では2部門ノミネート。エミー賞にも6年連続でノミネートされる快挙を成し遂げた。

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

俳優の髙嶋政宏は、本作について「アメリカンな洒落たスパイエンターテイメントかと思いきや、実に切ない。すれ違うラブストーリーだ。またひとつ日本人を眠らせない傑作シリーズの誕生だ」とコメント。続けて「ふと国をアジアにおき変えて観てみると背筋がゾッとした。ヒリヒリするような水面下での戦争。残酷な潜入捜査。緻密なストーリー展開。まるで自分の身近で起きてるかのような気分にさせる役者陣の名演。演技を超えた眼つき。もっとも米露が激しく冷戦してた時代を赤裸々に描く。レーガン元大統領狙撃事件など、この時代を生々しく脳裏によみがえらせる。困った。止まらない」と絶賛している。

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

同じく俳優の宮川一朗太は、「何という緊張感。そして何という面白さ! 僕もスパイものは大好きだけど、これは東西冷戦時代、アメリカに潜入した“敵側”を描いた異色の作品。“実在のスパイ”がモデルだから、そのリアルなこと…! 気づいたら前のめりになって見てました(笑)。僕がのほほんと過ごしていた少年時代に、こんなことが現実にあったとは。面白いと同時に、空恐ろしくもなってきます。いやもしかしたら、今もまだ…あなたの隣人は、本当に“普通の人”ですか? ああ早く、続きが見たい!」とコメント。

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

作家でオカルト研究家の山口敏太郎は、「かつて日本の忍びは敵国に潜り込み、農民のふりをして定着した。国と時代は違えども、諜報活動の本質は同じだ」とコメントを寄せた。

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

鹿児島ユナイテッドFC監督の三浦泰年は、「アメリカのソ連人夫婦のスパイを巡る話ですが、アメリカの田舎風の風景とか、ロシアっぽい切ない音楽がとても良かったです。さりげないレストランとかで見せるスパイの視野の広さとかが良くて、僕はそもそもスパイものが好きなんです。家族や友人はどんどん次のエピソードを観ているようです。僕もシーズンが終わったらじっくり観たいですね」と語っている。

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

現在、シーズン1からシーズン3までのDVDが発売・レンタル中の本作。シーズン4からファイナル・シーズンのDVDは、11月から来年1月にかけて毎月リリースされる。本年度のエミー賞2冠に輝いた、見応えたっぷりの本作をぜひ楽しんでほしい。

髙嶋 政宏(俳優)

アメリカンな洒落たスパイエンターテイメントかと思いきや、実に切ない。すれ違うラブストーリーだ。またひとつ日本人を眠らせない傑作シリーズの誕生だ。ふと国をアジアにおき変えて観てみると背筋がゾッとした。ヒリヒリするような水面下での戦争。残酷な潜入捜査。緻密なストーリー展開。まるで自分の身近で起きてるかのような気分にさせる役者陣の名演。演技を超えた眼つき。もっとも米露が激しく冷戦してた時代を赤裸々に描く。レーガン元大統領狙撃事件など、この時代を生々しく脳裏によみがえらせる。困った。止まらない。

宮川一朗太(俳優)

何という緊張感。そして何という面白さ!僕もスパイものは大好きだけど、これは東西冷戦時代、アメリカに潜入した「敵側」を描いた異色の作品。「実在のスパイ」がモデルだから、そのリアルなこと…!気づいたら前のめりになって見てました(笑)。僕がのほほんと過ごしていた少年時代に、こんなことが現実にあったとは。面白いと同時に、空恐ろしくもなってきます。いやもしかしたら、今もまだ…あなたの隣人は、本当に「普通の人」ですか? ああ早く、続きが見たい!

山口敏太郎(作家・オカルト研究家)

かつて日本の忍びは敵国に潜り込み、農民のふりをして定着した。国と時代は違えども、諜報活動の本質は同じだ。

三浦泰年(鹿児島ユナイテッドFC監督)

アメリカのソ連人夫婦のスパイを巡る話ですが、アメリカの田舎風の風景とか、ロシアっぽい切ない音楽がとても良かったです。さりげないレストランとかで見せるスパイの視野の広さとかが良くて、僕はそもそもスパイものが好きなんです。家族や友人はどんどん次のエピソードを観ているようです。僕もシーズンが終わったらじっくり観たいですね。

『ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ』リリース情報

シーズン1~3:DVD発売・レンタル中/デジタル配信中
シーズン4:11月2日(金)DVDリリース/デジタル配信中
シーズン5:12月5日(水)DVDリリース/11月7日(水)デジタル配信
ファイナル・シーズン:2019年1月9日(水)DVDリリース/12月5日(水)デジタル配信
※R-15

関連記事

イケメンマッチョの宝庫!『9-1-1 LA救命最前線』先行デジタル配信スタート!
セクハラへの抗議、ゴールデングローブ賞授賞式は黒衣装一色!
面白すぎて寝不足必至!? 夢中になっちゃうHulu配信海外ドラマ4選

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com