ウィレム・デフォー主演『永遠の門 ゴッホの見た未来』ポスタービジュアル解禁

フィンセント・ファン・ゴッホの生涯を描くウィレム・デフォー主演作『永遠の門 ゴッホの見た未来』のポスタービジュアルが解禁された。

【ポスタービジュアル】
『永遠の門 ゴッホの見た未来』

2019年11月8日(金)新宿ピカデリー他全国順次公開

フィンセント・ファン・ゴッホの生涯を描くウィレム・デフォー主演作『永遠の門 ゴッホの見た未来』のポスタービジュアルが解禁された。

本作で第75回ヴェネチア国際映画祭で最優秀男優賞に輝き、さらにアカデミー賞主演男優賞に初ノミネートを果たしたウィレム・デフォー演じるゴッホが草原で手を広げ、空を仰ぎ、自然を全身で感じている姿を大きく捉えているポスターは、自然と同化することで、芸術に昇華させようとするゴッホの生き様そのものを表している。
ポスター下部には、オスカー・アイザック演じるゴーギャンや、映画『潜水服は蝶の夢を見る』でもシュナーベル監督とタッグを組んだマチュー・アマルリック演じるガシェ医師の姿も。

本作が描くゴッホは、精神に病を抱え、近しい芸術家たちとも真っ当な人間関係を築けず、常に孤独の中に生きている。そんな彼が唯一才能を認め合い、心の内をさらけ出すことのできたポール・ゴーギャンとの出会いと、共同生活の破綻。そして、いまだ多くの謎が残る死――。

生きているうちに誰にも理解されなくとも、自分が見た<世界の美しさ>を信じ、筆を握り続けたゴッホ。不器用なまでに芸術と向き合った孤高の画家が、自らの人生を通して何を見つめていたのかを、映画『潜水服は蝶の夢を見る』を手がけたジュリアン・シュナーベル監督が渾身の力で描いている。

ストーリー

幼いころから精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何をみていたのか――。

公開情報

監督:ジュリアン・シュナーベル
出演:ウィレム・デフォー、オスカー・アイザック、マッツ・ミケルセン、マチュー・アマルリック
配給:ギャガ、松竹     
© Walk Home Productions LLC 2018

他の記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com