『ビール・ストリートの恋人たち』邦題&2/22公開決定!『ムーンライト』監督最新作

©2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All Rights Reserved.

アカデミー賞®作品賞受賞『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督最新作原題『If Beale Street Could Talk』の邦題が『ビール・ストリートの恋人たち』として、2019年2月22日(金)より全国公開することが決定。海外版予告も公開された。

自分の居場所を探し求める青年の愛の物語『ムーンライト』で、第89回アカデミー賞®において8部門にノミネートされ、同年の大ヒットミュージカル『ラ・ラ・ランド』を抑え見事作品賞ほか3部門を受賞し世界中を熱狂させたバリー・ジェンキンス監督。本作では、1970年代NYハーレムに生きる若い二人の愛と信念の物語を、圧倒的な映像美と叙情的な音楽で描き出した。

原作は、オバマ大統領やマドンナらが敬愛し、今年、ドキュメンタリー映画『私はあなたのニグロではない』が公開された作家ジェームズ・ボールドウィンの原作「ビール・ストリートに口あらば」。長年この物語の映画化を望んでいた監督は、前作『ムーンライト』の撮影以前に脚本を執筆し権利を獲得、念願の映画化を果たした。

作品は今年のトロント国際映画祭でお披露目されると観客賞次点1位、“完璧なまでに美しい映像”-SLASHFILM、“30年に1度の映画体験だ!” -FOX-TV、“荘厳な愛の賛歌” -SCREEN ANARCHYなど、軒並み高評価を獲得。海外レビューサイトのロッテントマトでも94%の満足度(2018/11/21時点) 。さらに先日発表された第34回インディペンデント・スピリット・アワードでは作品、監督、助演女優賞の3部門にノミネートされ、早くも来年のアカデミー賞®が有力視されている。(2018/12/14米公開)

出演は、主役のカップルにオーディションで抜擢された新人女優キキ・レインと『栄光のランナー/1936ベルリン』でジェシー・オーエンス役を演じたステファン・ジェームス、主人公を支える優しくも力強い母親を演じ、アカデミー賞®︎助演女優賞も有力視されるレジーナ・キング他、『グローリー 明日への行進』コールマン・ドミンゴ、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ディエゴ・ルナ、『デッドプール』エド・スクライン、『妻たちの落とし前』ブライアン・タイリー・ヘンリー、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』デイヴ・フランコ、『イコライザー2』ペドロ・パスカル、「アメリカン・ホラー・ストーリー」フィン・ウィットロックなど、いま最も旬なキャスト陣が脇を固めている。

製作総指揮には前作に続きプランB率いるブラット・ピットが名を連ね、『ムーンライト』で共にアカデミー賞にノミネートされたジェームズ・ラクストンが撮影を、ニコラス・ブリテルが音楽を担当している。念願の企画をついに実現させたバリー・ジェンキンス監督が今回はどのような愛の物語を描いているのか、続報に期待したい。

関連記事

『ムーンライト』の何が『ラ・ラ・ランド』を抑えたのか。
映画『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督、こだわりの演出方法とは?
『ムーンライト』肌の色に込められた意味とは?
『ムーンライト』は全国民必見の恋愛映画!ある意味『君の名は。』だった!
母親がドラッグ中毒だった―映画『ムーンライト』バリー・ジェンキンス監督

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com