松ケン、僕を裸にしてくれる作品がなかった―映画『珍遊記』コメント到着!

シリーズ累計販売部数約400万部を記録した漫☆画太郎原作の伝説のギャグ漫画を実写化する映画『珍遊記』の主演・松山ケンイチ、山口雄大監督、さらに原作の漫☆画太郎氏のコメントがシネマズに到着した。

伝説のギャグ漫画を、松山ケンイチ主演で実写化!映画『珍遊記』

珍遊記 松山ケンイチ 漫☆画太郎 実写 映画
(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

映画『珍遊記』は、1990年より週刊少年ジャンプにて連載され、シリーズ累計販売部数約400万部を記録した、唯一無二の存在感を放つ孤高の漫画家・漫☆画太郎による伝説のギャグ漫画『珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~』が原作の実写映画作品だ。天下の不良少年・山田太郎を松山ケンイチが演じる。

このたび、実写化に際して主演の松山ケンイチ、山口雄大監督、原作の漫☆画太郎氏のコメントがシネマズに到着した。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事