3時間16分の長編作!カンヌ映画祭パルム・ドール受賞『雪の轍』公開決定

第67回カンヌ国際映画祭で最高賞となるパルム・ドールを受賞した映画『雪の轍』が日本での公開が決定した。2015年6月より全国の劇場で公開予定。

ロシアを代表する文豪チェーホフの原作がモチーフとなっている本作は、劇作家シェークスピアやスウェーデンの故イングマール・ベルイマン監督を髣髴とさせる作風に仕上がっており、繊細な心理描写と美しい映像が高く評価されている。

舞台は世界遺産カッパドキア。3時間16分の長編作品

雪の轍 カンヌ国際映画祭 パルムドール

物語の舞台はトルコの世界遺産カッパドキア。カッパドキアにある一軒のホテルで、ホテルオーナーのアイドゥンと若く美しい妻、そしてその妹。冬の訪れによって雪に閉ざされていくホテルの中で、徐々に明らかになるそれぞれの感情。そして家賃を滞納する一家との不和――

美しくも静かな凍てつく大地、ストレートな言葉で感情をぶつけ合う登場人物たちを、濃厚な世界観と観るものの心を奪う映像美で描く作品。

3時間16分の長編となる本作。各国のメディアが絶賛するヒューマンドラマの公開が今から待ち遠しい。

『雪の轍』公式サイト

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com