「過激すぎる」と発売難航した原作を映画化『木屋町DARUMA』予告編解禁

大手出版社、裏社会系雑誌、自費出版大手など複数の出版社から「過激すぎる」として刊行を断られ続けたという問題作を映画化した『木屋町DARUMA』の予告編がこの度公開となった。原作小説は、裏社会系のライターとして活動する丸野裕行が2012年にApp Storeでアプリとして発表している。

木屋町DARUMA 遠藤憲一

ある事件で四肢を失ったヤクザ、勝浦。彼は債権者の家に乗り込み嫌がらせすることで借金を回収するという、捨て身の取り立て稼業で生計を立てていた。あるとき追い込みをかけた真崎という男が、勝浦が今の体になるきっかけとなった事件に関係していることがわかり、過去を探るうちに勝浦は驚くべき真実に直面する――

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com