絵画のように美しい美男ツーショット!『君の名前で僕を呼んで』ポスタービジュアル&場面写真一挙解禁!

©Frenesy, La Cinefacture

第90回アカデミー賞において作品賞、主演男優賞(ティモシー・シャラメ)、脚色賞、歌曲賞の4部門でノミネートを果たした『君の名前で僕を呼んで』のポスタービジュアル&場面写真一挙解禁された。

本作は、80年代の北イタリアの避暑地を舞台に、17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた作品。日本での公開は2018年4月27日(金)からとなっている。

この度解禁されたビジュアルは、ブルーの背景が目を奪う海外版のビジュアルの素晴らしさを生かした日本版ポスタービジュアルと、エリオ(ティモシー・シャラメ)とオリヴァー(アーミー・ハマー)によるツーショットを切り取った場面写真など。

©Frenesy, La Cinefacture

ポスターに入っているキャッチフレーズは、「何ひとつ忘れない」。ふたりの恋の切実さが伝わってくるようなこの言葉、実は劇中のある登場人物の台詞。

©Frenesy, La Cinefacture

©Frenesy, La Cinefacture

©Frenesy, La Cinefacture

場面写真も、ふたりが二度と訪れない時間の中で経験するひと夏の恋の痛みと喜びを感じさせる魅力的なショットばかり。美しい北イタリアの雰囲気も印象的です。すべてのショット、すべてのシーンを記憶していたいと思わずにはいられない、「息をのむ程の美」(オブザーバー紙)と絶賛される本作にぜひ注目したい。

昨年11月24日に全米公開されると、男女を問わず、世代を問わず、誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出すような、まばゆい傑作と絶賛された本作。オスカー前哨戦の賞レースに彗星のごとく現れると、多数の賞をさらって話題を集めた。

主演は、主演男優賞やブレイクスルー賞を軒並み受賞し、今や初主演にしてオスカー主演男優賞最年少も期待される新星ティモシー・シャラメ。共演は、長身の整った容姿も魅力的な『コードネーム U.N.C.L.E.』のアーミー・ハマー。

©Frenesy, La Cinefacture

アカデミー賞脚色賞にノミネートされ、受賞すれば最年長受賞となる現在89歳の名匠ジェームズ・アイヴォリー。『眺めのいい部屋』や『モーリス』、『日の名残り』といった名作を生み出して来た名匠が、17歳と24歳の青年の初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた。

監督は『ミラノ、愛に生きる』のイタリア出身のルカ・グァダニーノ。主演、助演すべての俳優たちの見事なアンサンブルと、美しく深いシナリオを得て、いよいよその才能を花開かせた傑作となっている。

『君の名前で僕を呼んで』ストーリー概要

1983年夏、北イタリアの避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。一緒に自転車で街を散策したり、泳いだり、午後を読書や音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオのオリヴァーへの気持ちは、やがて初めて知る恋へと変わっていく。

ギャラリー

関連記事

アカデミー賞4部門ノミネート『君の名前で僕を呼んで』とは?

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com