『ガーンジー島の読書会の秘密』8/30公開決定|リリー・ジェームズ主演作

【公開決定・メインビジュアル】
『ガーンジー島の読書会の秘密』

2019年8月30日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』や『スリー・ビルボード』のプロデューサー陣が再タッグを組んだ『THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY』が、『ガーンジー島の読書会の秘密』の邦題で8月30日(金)に公開されることが決定し、メインビジュアルが完成した。

ガーンジー島は、第二次世界大戦中に英国で唯一ドイツの占領下にあったチャンネル諸島のひとつで、イギリス海峡に浮かんでいる。1946年、終戦の歓びに沸くロンドンで暮らす作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)は、一冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。ナチスに脅えていた大戦中は、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在が彼らを支えていた。本が人と人の心をつないだことに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうと島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。やがて彼女は、エリザベスが不在の理由にたどり着くのだが――。

ジュリエットを演じるリリー・ジェームズを始め、マシュー・グード、ペネロープ・ウィルトン、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイら、英国TVシリーズ「ダウントン・アビー」で人気と実力を確立したキャストが出演。ジュリエットに手紙を送ったドーシー役には「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのミキール・ハースマン、『さざなみ』のトム・コートネイが読書会メンバーとして名を連ねる。監督は『フォー・ウェディング』の名匠マイク・ニューウェルが務めた。

ストーリー

1946年、終戦の歓びに沸くロンドン。作家のジュリエットは、一冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。大戦中、英国で唯一ナチスドイツに占領されたチャンネル諸島の一つであるガーンジー島では、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在が彼らの支えだった。本が人と人の心をつないだことに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうと島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。やがて彼女は、エリザベスが不在の理由にたどり着くのだが──。

公開情報

出演:リリー・ジェームズ、ミキール・ハースマン、グレン・パウエル、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、キャサリン・パーキンソン、
マシュー・グード/トム・コートネイ/ペネロープ・ウィルトン
監督:マイク・ニューウェル
原作:メアリー・アン・シェイファー、アニー・バロウズ
脚本:ドン・ルース、ケヴィン・フッド、トーマス・ベズーチャ
原題:THE GUERNSEY LITERARY AND POTATO PEEL PIE SOCIETY/2018年/フランス・イギリス/英語/124分/カラー/ビスタ/5.1ch/日本語字幕:牧野琴子/映倫区分:一般
配給:キノフィルムズ/木下グループ
©2018 STUDIOCANAL SAS
公式サイト:dokushokai-movie.com

他の記事も読む

関連記事

リリー・ジェームズらが楽曲の魅力を解説!『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』特別映像が到着
『スリー・ビルボード』が永遠に語り継がれるべき、3つの大いなる魅力
『スリー・ビルボード』は“愛と執念の物語”と見せて、実はエンタメ要素満載の娯楽作!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com