藤田玲&佐藤流司の『ダブルドライブ 〜狼の掟〜』予告編と場面写真が解禁

「絶狼」シリーズの藤田玲が主演を務め、ミュージカル『刀剣乱舞』の佐藤流司が出演する映画『ダブルドライブ 〜狼の掟〜』の予告編と場面写真が解禁となった。

本作は、ヤンキー映画『ガチバン』シリーズで窪田正孝、裏社会映画『闇金ドッグス』シリーズで山田裕貴を輩出した製作陣が新たに放つ、車が紡ぐ流れ者たちの生き様を描いたクライム・カーアクション。

2.5次元系舞台や音楽活動などマルチな才能を披露している藤田玲、佐藤流司がアウトロー役を好演。さらに『ラブライブ!サンシャイン!!』の「Aqours」メンバー小宮有紗、『SR サイタマノラッパー』の駒木根隆介、名優・波岡一喜が脇を固める。

解禁となった予告には、藤田演じるアベルが、メインカー「1999年日産スカイライン GT-R(5代目 BNR34型)」を乗り回す姿や、血生臭い暴力シーンを収録。さらに、佐藤演じる純也が闇金業者・塩田に追い詰められる姿や囚われの身となった小宮演じるかなでの姿が切り取られている。主題歌は、藤田玲、率いるロックバンド・DUSTZの「BORDERLINE -A side-」が起用されている。

『ダブルドライブ 〜狼の掟〜』あらすじ


過去に家族同然の仲間たちを次々と残虐したヤクザの広澤を殺してしまった我妻アベル(藤田玲)は、他に頼る当てもなく、少年院時代に世話になった兄貴分の村上大児(駒木根隆介)の元を訪れた。

大児は「サガミ連合」という名の愚連隊を率いており、そのメンバーのひとり、五十嵐純也(佐藤流司)と出合ったアベルは、お互い車好きな事もあって意気投合する。

ある日、大麻の取引に失敗した純也はペナルティとして多額の借金を背負い、闇金に手を染める羽目に。闇金会社社長・塩田(波岡一喜)の苛烈な取立てに苦しむ純也、一方で、兄を殺され復讐を誓う広澤の弟・狂介はアベルの行方を追っていて…。

(C)2018「ダブルドライブ ~狼の掟&龍の絆~」製作委員会

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com