『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』日本公開決定&ポスター解禁!

【公開情報・ポスター・場面写真】
『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』

9月20日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、シネクイントほか全国順次ロードショー

現在インディペンデント映画界最大の話題作『Eighth Grade(原題)』が、邦題を『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』として、9月20日(金)より全国公開が決定。ポスタービジュアルと場面写真が解禁された。

本作は、中学校卒業を1週間後に控えた、クラスで⽬⽴たない⼀⼈の少⼥ケイラ(エルシー・フィッシャー)を主⼈公に、⽣まれたときからweb サイトやSNSが当たり前のように存在する「デジタルネイティブ」な“ジェネレーションZ 世代”と呼ばれるティーンたちのリアルな葛藤や恋、⽗親とのめんどくさい関係、そして成⻑の物語を可笑しく痛烈に、そして優しく描く感動作。

精⼀杯の勇気とともに“⻘春”に真正⾯から⽴ち向かっていくケイラの姿に共感する⼈たちが続出、⼤きな社会現象を巻き起こし、公開当初はわずか4館でのスタートながら⼝コミによってわずか3週間で全⽶1084館に拡⼤、⼤ヒットを遂げた。

メガホンを取ったのはこれが初監督作品となる、ボー・バーナム。Youtuber出⾝という異⾊の経歴を持つ彼は⼈気コメディアンであり、俳優としても『ビッグ・シック』などに出演、彼の⻘春時代の実際の経験をもとにした本作の企画が『レディ・バード』などを⼿がけた製作陣の⽬に⽌まり、映画化が実現したという経緯を持ち、監督とともにオリジナル脚本も⼿がけている。

主⼈公ケイラを演じるのは『怪盗グルーのミニオン危機⼀発』で主要キャラクター「アグネス」役で声優を務め、他数々のドラマや映画で活躍する今第注⽬の若⼿⼥優エルシー・フィッシャー。本作では何度も壁にぶつかって、落ち込んだり悩んだり……それでも⼀歩ずつ前に進んでいく等⾝⼤の少⼥を演じる。

時代が移り変わっても、⻘春時代はいつだって痛くて⽢酸っぱくて、愛おしい。本作は、誰もが共感できる等⾝⼤の少⼥の成⻑物語であるとともに、⽗娘の絆を描き出した珠⽟のファミリードラマでもある。

ストーリー

中学校生活の最後の一週間を迎えたケイラは、「クラスで最も無口な子」に選ばれてしまう。不器用な自分を変えようと、SNSを駆使してクラスメイト達と繋がろうとする彼女だったが、いくつもの壁が立ちはだかる。人気者のケネディは冷たいし、好きな男の子にもどうやってアプローチして良いか分からない。お節介ばかりしてくるパパはウザイし、待ち受ける高校生活も不安でいっぱいだ。高校生活が始まる前に、憧れの男子や、 クラスで人気者の女子たちに近づこうと頑張るが…。

公開情報

監督・脚本:ボー・バーナム『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
(出演) 出演:エルシー・フィッシャー(『怪盗グルーのミニオン危機一発』※声)、ジョシュ・ハミルトン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』、 エミリー・ロビンソン『バッド・ウィエイヴ』、ジェイク・ライアン『ブルー・ワールド・オーダー』ほか 製作:A24/音楽:アンナ・メレディス
2018年/アメリカ/英語/93 分/原題:EIGHTH GRADE/G/日本語字幕:石田泰子
配給:トランスフォーマー
© 2018 A24 DISTRIBUTION, LLC
■HP: http://www.transformer.co.jp/m/eighthgrade/
■Twitter:@EighthGrade_JP
■Instagram:@kayla_day_8th

他の記事も読む

関連記事

第76回ゴールデングローブ賞、一体何が起きたのか。

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com