田中直樹、モテる役と聞いていたが…ドラマ「増山超能力師事務所」

増山超能力師事務所 田中直樹10

1月5日(木)よりスタートする読売テレビ・日本テレビ系の連続TVドラマ「増山超能力師事務所」で主演をつとめるココリコの田中直樹が、本作の見どころや、撮影現場の雰囲気などを語った。

田中直樹「SFの裏にある人間模様がこのドラマの魅力」

ドラマ「増山超能力師事務所」は「ストロベリーナイト」「武士道シックスティーン」で知られる人気作家、誉田哲也氏の同名小説を原作にした連続TVドラマ。超能力を持ったメンバーたちが依頼人の悩みを解決するため探偵業に奔走する姿を描く。

「面倒臭い」が口癖なのに女にめっぽうモテる主人公の増山超能力師事務所の所長・増山圭太郎をココリコの田中直樹が演じる。本作はミステリー、サスペンスの要素を含んだ一話完結タイプの超能力ドラマで、田中扮する増山は日本超能力師協会の認定試験に合格した高い能力を持つ一級超能力師。超能力師たちは決して完璧なスーパーマンではなく、不器用で悩みもある点は普通の人たちと同じ。そんな人間臭くて魅力的なキャラクターの所員たちは悪戦苦闘しながらも一生懸命に依頼人が抱える問題と向き合っていく。

個性的な事務所の所員たちを演じるのは、エロいことを考えては怒られる二級超能力師の高原篤志役を浅香航大、才色兼備で気が強い元女番長・住吉悦子役を中村ゆり、見た目は不細工でお腹も弱い中井健役を柄本時生、超能力より年の功という事務員・大谷津朋江役を平田敦子が演じる。

増山超能力師事務所 田中直樹7

本作について田中直樹は「超能力を使っていろんな問題を解決していく探偵事務所が舞台。超能力を持った人間がいて、“超能力者”というのが認められている世の中で、その能力によって級数が変わってくる」と語り、クランクインを迎え「僕が入る前から撮影がもう始まっていて、チームワークができあがっていたので、自分は飛び込んでいく感じでした」と撮影現場の様子を明かした。

また、自身が演じる「面倒臭い」が口癖なのに女にめっぽうモテる所長・増山圭太郎を「1級超能力者でそこそこできる役」と紹介し、「今までできる役っていうのがきたことがない(笑)それができるのかなって。自分でも楽しみであり、挑戦だったりします」と意気込む。さらに「原作を読ませていただいて脚本を読んで、モテる役って聞いていたのにそんなにモテてない。もちろんモテないわけじゃないですよ。表立って出さないけれども、裏では所員のことを見ていたりする。でも、僕が聞いていたよりも現場ではモテてないですね」と冗談めかし、笑いを誘った。

増山超能力師事務所 田中直樹2

レギュラーキャストのほか、ゲスト出演者にも注目が集まる本作。田中は「相方(ココリコ・遠藤章造)もこの作品にちょこっと出てくれているんです。一緒に撮影したんですけど、コンビでドラマ出演っていうのが、随分久しぶりだと思うんです。そういうことも楽しかったので、来年もやっていけたらいいなと思いました」と明かす。その後「遠藤さんなりに役作りしてこられたみたいですけど、間違って今度自分が出演する映画の台本持ってきてました(笑)そんなミニコントから始まりましたね(笑)」と暴露し、「お芝居の中でたっぷりとした間をとられる。『あれ?次誰のセリフだっけ?』ってくらいに間を取る。大御所俳優みたいで、そこが素敵でしたね(笑)」と共演を喜んでいた。

そして、最後に「SFなドラマの世界観をイメージしがちですが、超能力を使う中にも人間臭さがあったり、能力を使っていると疲れてしまったり、うまくコントロールできなかったりと、そういうSFの裏にある人間模様がこのドラマの魅力。超能力を使って犬を探したり、日常のことに超能力が絡んできて、リンクしていく感じが面白いです」と見どころを語り「各話のラストで、毎回スカッと満足していただける内容になっているので、ぜひ楽しんでいただけたらと思います」とメッセージを送った。

連続TVドラマ「増山超能力師事務所」は、2017年1月5日(木)より読売テレビ・日本テレビ系にて毎週木曜よる11時59分オンエア。

増山超能力師事務所 田中直樹9

画像ギャラリー

関連記事

映画のヒーローみたいに「うおぉぉぉ!」って変身したい記事広告
玉之丞の写真たっぷりにゃ!猫侍SPドラマのキャスト発表―主演に田中直樹
一挙紹介!2017年松竹配給作品ラインナップ
三が日限定、映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』特製おみくじ配布決定!
イ・ビョンホン、圧倒的な存在感!映画『ブラック・ファイル 野心の代償』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com