『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』コミコン予告編映像が到着!

© 2018 WBEI Publishing Rights © J.K.R.

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の主要キャストが7月19日から21日に米・サンディエゴで開催されたポップカルチャーの祭典“コミコン2018”に勢ぞろいし、これまでに公開されていない映像を含むコミコン予告編映像が解禁された。

主人公のニュート(エディ・レッドメイン)は、ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生で、魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいな魔法動物学者。魔法動物を守るため世界中を旅する彼がいつも持ち歩いているのは、中が無限に広がる不思議な魔法のトランク。その中には、ありとあらゆるユニークな魔法動物たちが入っている。ある日ニュートは、捕えられていた強大な敵・グリンデルバルド(ジョニー・デップ)が逃げ出したことを知る。強大な力を持ち、人間界の転覆を企む“黒い魔法使い”を追って、ニュートたちは魔法動物たちとともにホグワーツからパリの魔法界へ旅立つ。

今回解禁された約3分間に及ぶコミコン予告映像では、壮大な物語の一部が明らかとなった。ニュートがハリー・ポッターたちの学び舎でもあるホグワーツ魔法魔術学校で学ぶ姿が初公開され、ダンブルドア先生に闇の魔術の防衛術“リディクラス”の呪文を教わっている場面、「ファンタビ」でニュートが出会った仲間であるティナ、ジェイコブ、クイニーの姿、そして待望の魔法動物も登場。キラキラしたものを集めるのが大好きなお馴染みのニフラーの他、水中を駆け抜ける“ケルピー”やフクロウのような姿をした“オーグリー”、1日で千マイル走ることができると言われ、5色からなる“ズーウー”など新たな魔法動物が登場する。そしてニュートとともに戦うもう一人の人物、ホグワーツ魔法魔術学校のダンブルドア先生(ジュード・ロウ)や、敵か味方かわからないクリーデンスの姿も。さらに、かつての恋人リタ・レストレンジが「愛しちゃいけない怪物もいるのよ」とニュートに語りかける場面も収められている。そしてラストは、“賢者の石”を作りだしたニコラス・フラメルとニュートたちが出会うシーンで締めくくられる。かつてない最大の危機にニュートたちはどう立ち向かうのか、有名な“賢者の石”が物語にどう関わってくるのか、本編への期待が高まる映像となっている。

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、2018年11月23日(金・祝)より全国ロードショー。

関連記事

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』全世界待望の初映像が解禁!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』2018年冬、日本公開決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com