「夜空と交差する森の映画祭」、『秒速5センチメートル』上映決定!今年もシネマズのトーク企画を実施!

開催場所のシチュエーションを活かして一夜限りの幻想を作り上げる野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭」。今年は2018年10月6日(土)に、サーキットとキャンプ場を併設した栃木県の森の中のモビリティテーマパーク“ツインリンクもてぎ”にて開催される。この度、上映作品の第二弾ラインナップや、映画をラグジュアリーに楽しめるハンモックシートなどが発表された。

□「夜空と交差する森の映画祭2018」オフィシャルサイト

1:新海誠監督『秒速5センチメートル』など
  9作品の第二弾ラインナップ発表

前回発表された『ベイビー・ドライバー』『わたしはロランス』に続き、新海誠監督作品の『秒速5センチメートル』の上映が決定。その他、松岡茉優主演のSFファンタジー『パンプキンレクイエム』や、タップダンサーSoumaとブレイクダンサーShigekixダブル主演のいじめをテーマにした『Bullying and Behavior』など8作品の短編映画のラインナップが決定した。今回の発表で、現時点で決定している上映作品は38作品。引き続き追加ラインナップの続報を待ちたい。

(C) Makoto Shinkai / CoMix Wave Films

■長編映画 全1作品
・新海誠 監督『秒速5センチメートル』

▼短編映画 全8作品 順不同
・竹中貞人監督『ZOB』
・近藤勇一監督『パンプキンレクイエム』
・清水健斗監督『漂流ポスト』
・田村祥宏監督『Bullying and Behavior』
・大石結介監督『RICE BALL』
・東かほり監督『土曜日ランドリー』
・遠藤健一監督『あの日の伝言』
・かげやましゅう監督『ファットボーイ・スリムガール』

2:会場内にラグジュアリーなハンモックシートや
  Pinkoiマーケットが登場

サブステージである「そして、」の広場にて「ハンモックエリア powered by the good day TOKYO」が登場。ハンモックに揺られながら映画を楽しむことが出来る。また、アジア最大級のデザイナーズマーケット・Pinkoiとコラボが決定。日本以外からもタイ、中国、香港、台湾の作家が来日し、一夜限りのマーケットがオープンする。

3:「シネマズ」による今年の映画を振り返るトーク企画

メインステージ「そのとき。」では、映画上映の合間に特別企画も実施。「シネマズ」から、ヤギシタシュウヘイ(シネマズ 編集長)、大谷和美(シネマズ 副編集長)、ゆうせい(シネマズ 副編集長)、カツセマサヒコ(コラムニスト)によるトークが決定。2018年の映画を1月から振り返りつつ、映画をもっと好きになる時間をお届けする。その他のトーク企画は随時発表される予定。

4:今年のパンフレットは世界観「交差」にちなんだ来場者参加型

今年の「森の映画祭」のパンフレットは、本年の世界観である「交差」(=出逢い)にちなんで、会場内のあちこちに散らばったページや人物からページを集めることができる収集型パンフレットになっている。また、オフィシャルサイトで参加用ページのフォーマットをダウンロードして印刷することで、当日会場内でページ交換や配布に参加することが可能。会場内での交流に興味がある人はぜひ参加しよう。

5:チケット絶賛発売中
  早割入場券の販売期間は8月末まで

森の映画祭入場券・ツインリンクもてぎの入場料・1ドリンクチケットを含む早割入場券の販売は8月末まで。なお、「森と星空のキャンプヴィレッジ」の各種キャンプチケットはすでにソールドアウトとなっている。臨時テントサイトであるサーキット・テントサイトは販売中。また、過去に森の映画祭関連プロジェクトをすでに4回実施している山梨県からの直通バスツアーも発売開始した。

「夜空と交差する森の映画祭2018」概要

日時:2018年10月6日(土) オールナイト開催 上映開始 18:30 / 上映終了 5:00
会場:栃木県 ツインリンクもてぎ ( 栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1 )
世界観:交差
チケット:
早割入場券 9,800円(〜8/31) / 通常入場券 11,500円(9/1〜) ※いずれも1ドリンクチケット付き
駐車券 2,500円/品川発往復バスツアー 8,000円/山梨発往復バスツアー 9,500円
往復シャトルバス券(宇都宮駅⇔会場) 4,000円
グランピング券 33,000円〜 その他ログキャビンやテントサイト利用券なども販売予定
内容:映画上映ステージ4箇所(「ベイビー・ドライバー」など40本以上の長短編映画を上映)
飲食ブース / ワークショップ / テントサイト / その他会場演出やトークイベント等
アクセス:駐車場あり・品川からの往復バスツアー・宇都宮駅からの臨時シャトルバス
サポーター:PLINK・CHUMS × Honda Access・Pinkoi・She is・Filmarks(フィルマークス)ほか
主催:森の映画祭実行委員会 (代表・サトウダイスケ)
公式サイト:http://forest-movie-festival.jp

関連記事

サーキットで『ベイビー・ドライバー』上映!「夜空と交差する森の映画祭2018」第一弾ラインナップ発表
『バーフバリ』初の屋外上映が決定!「夜空と交差する空の上映会」ラインナップ!
「夜空と交差する森の映画祭2018」開催決定!今年の舞台は巨大サーキット…?!
カツセマサヒコとシネマズ編集部が語る「2017年の映画」森の映画祭2017レポ
離島で初開催の森の映画祭、タイムテーブルやマップなど全情報を解禁!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com