『グリーンブック』笑いと涙の特報が完成!正反対なふたりの旅は前途多難!?

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

アカデミー賞の行方を占うトロント国際映画祭で<観客賞>、世界最古の映画団体によるナショナル・ボード・オブ・プレビューで作品賞を受賞した話題の映画『グリーンブック』の特報が完成した。

本作は、先日発表された第76回ゴールデン・グローブ賞でも作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、脚本賞と5部門にノミネートされ、一気にアカデミー賞®大本命に躍り出た注目作。

1962年、人種差別が色濃い時代。粗野で無教養だけれど人間的魅力に溢れるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、運転手兼用心棒としてインテリな黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)と偏見と差別が根強い南部にツアーへと旅立つ。二人の旅の道標となるのは、当時の黒人が安全に旅をするために欠かせない旅行ガイドブック<グリーンブック >。

特報では、「フライドチキンは食べたことがない」と言うシャーリーに「黒人なのに?」と、今ならば眉をひそめられそうな発言をストレートにするトニー。そんな彼に「大した偏見をありがとう」と皮肉で返すシャーリーという、正反対の二人の旅がなかなか前途多難であることを示唆する会話で始まる。カーネギーホールに住み、富も名声も手にしたシャーリーと、ナイトクラブで用心棒として働くトニーを映し出す。最初は黒人に雇われることに不服そうなトニーも、シャーリーの演奏を聴き、次第に彼への理解を深めていく。演奏会ではスタンディングオベーションを受けても、レストランでは「黒人である」という理由で食事を拒否されるシャーリー。そんな理不尽な現実に苛立ちを隠せないトニー。「家族を養うお金のため」「腕の立つ用心棒が欲しい」という利害関係で出会ったふたりが、お互いにとってかけがえのない存在となっていく…。

ガサツなイタリア系運転手と黒人天才ピアニストの“まさかの友情”を描いた本作は、父であるトニー・リップからドクター・シャーリーとの旅の話を聞いた息子ニック・バレロンガがプロデューサーとして映画化した“まさかの実話”。異なる世界に住むふたりの壮大なズレに笑い、胸を熱くするツアーの本当の目的が爽快な感動を呼ぶヒューマンドラマ『グリーンブック 』は2019年3月1日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

ストーリー概要

1962年、差別が残る南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニスト、ドン・シャーリーは、粗野で無教養のイタリア系、トニー・リップを用心棒兼運転手として雇うことに。黒人用旅行ガイド<グリーンブック>を頼りに正反対のふたりは旅を始めるのだが…。

関連記事

『グリーンブック』邦題&公開日&ポスタービジュアル解禁!笑いと涙の感動実話
ヴィゴ・モーテンセンが自ら航空券を手配し、来日した時の心温まるお話
森で暮すヘンテコ家族!ヴィゴ・モーテンセン主演『はじまりへの旅』場面写真解禁
映画『ムーンライト』オスカー受賞のマハーシャラ・アリ、インタビュー映像

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com