山田涼介主演、映画『鋼の錬金術師』場面写真到着!

荒川弘の同名人気コミックを、山田涼介主演で実写化する映画『鋼の錬金術師』の公開日が決定、あわせて場面写真が解禁となった。

映画『鋼の錬金術師』公開日決定!

幼い頃、亡くなった母にもう一度会いたいという想いから兄エド(山田涼介)と弟アルは、ついに”人体錬成”の理論にたどり着く。だがそれは、錬金術師にとって絶対に犯してはならない禁忌だった……。その代償としてエドは左脚を、アルは身体全部を対価として“持っていかれて”しまう。瀕死のエドは自身の右腕と引き替えにアルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させることに成功したのだった。時が経ち、右腕と左脚に“機械(オート)鎧(メイル)”の義肢を装着した身で国家錬金術師となり、鎧の姿の弟アルと、失った体を取り戻す手がかりを探す旅を続けるエドを、人はこう呼ぶのだった。“鋼の錬金術師”と――

鋼の錬金術師

映画『鋼の錬金術師』は、全世界シリーズ累計部数7,000万部超の大ヒットを遂げる漫画家・荒川弘の同名人気コミックを実写映画化する作品。錬金術が存在するファンタジーな世界観を、『タイタニック』でCGを手掛けた映像のスペシャリスト、曽利文彦監督の手によって完全映像化に挑む。

主役のエドワード役を、Hey! Say! JUMPの山田涼介が演じるほか、本田翼、ディーン・フジオカ、松雪泰子、佐藤隆太、蓮佛美沙子、夏菜、大泉洋、國村隼、小日向文世、本郷奏多、内山信二、石丸謙二郎らが脇を固める。

鋼の錬金術師 場面写真

このたび到着した場面写真は、主人公エドワード・エルリックの弟、アルフォンス・エルリックの姿が映し出されているもの。主演を務める山田涼介は「俺がエドなんだという強い気持ちを持って撮影に臨み、CGのアルフォンスを見て、これは大丈夫、実写化できるぞ」と手応えを感じたとコメント。

また、曽利文彦監督は「スタッフ、キャスト一同この作品を本当に実写化できると信じて疑わない人々が集まった現場で大いに士気が上がりました。皆さんの期待を裏切らないよう、原作の本質を大切にこの作品を仕上げていきたいと思います」と意気込みを寄せている。

映画『鋼の錬金術師』は、2017年12月1日(金)公開。

(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

関連記事

山田涼介主演、実写版『鋼の錬金術師』ティザービジュアル解禁!
東京コミコンでマスタング大佐の劇中衣装を展示!映画『鋼の錬金術師』
山田涼介主演『鋼の錬金術師』超特報映像を解禁!アルフォンスの姿が遂に…
『鋼の錬金術師』山田涼介主演、曽利文彦監督で実写映画化!
実写版『ジョジョ』岡田将生の金髪&真剣佑のヤンキー姿、初披露

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com