複雑な親子関係を熱演!太賀×吉田羊『 母さんがどんなに僕を嫌いでも 』公開日決定&場面写真解禁

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

太賀と吉田羊の共演で話題となった『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の公開日が2018年11月16日(金)に決定。場面写真が解禁となった。

親からも友達からも愛されたことがない青年が壮絶な過去を乗り越えて、自分を拒絶してきた母から愛をつかみ取るまでの奇跡の実話『母さんがどんなに僕を嫌いでも』。せつなくも、どこまでも温かい愛に包まれた原作は、糸井重里氏から「心臓が、なんどもぎゅうっとなった。」と絶賛コメントが寄せられ、多くの読者の心を打つ話題作となった。

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

主人公のタイジを演じるのは、若手俳優のなかでも高い演技力を誇る太賀。 母を演じる実力派女優の吉田は、さわやかなイメージを覆すほどの鬼気迫る熱演を披露。共演には森崎ウィン、白石隼也、秋月三佳のフレッシュな顔ぶれに加え、木野花ら実力派が脇を固める。監督は、映画『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』や連続ドラマW「ダブル・ファンタジー」の 御法川修が務める。

解禁された場面写真は、実話である本作の物語に真摯に向き合ったキャストたちの真剣な表情を感じさせるものばかり。今にも泣きそうな表情を母に向けるタイジ(太賀)と、ツンとした表情をたたえる母(吉田羊)を映した写真は、印象的なタイトルを象徴する一枚となっている。また、母から見下し突き放したような視線を受けるタイジの表情からは複雑な親子の関係性を垣間見ることができる。

(C)2018「母さんがどんなに僕を嫌いでも」製作委員会

その他、スティーブン・スピルバーグ監督作品『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューを果たした森崎ウィン演じるタイジの親友キミツが、不安を見せるタイジを、厳しくも優しい目でまっすぐに見つめて励ます様子が切り取られた場面、タイジを支える友人を演じた白石隼也、秋月三佳が、包み込むような優しさでタイジへ微笑みかけるシーン、幼少期のタイジ(小山春朋)を陰で支えた血のつながらない工場の婆ちゃん(木野花)が、臥せりながらもタイジの手を握り、何かを懸命に伝えようとする姿が公開された。

ストーリー概要

タイジ(太賀)は小さい頃から大好きな母、光子(吉田羊)に愛されないまま、壮絶な家庭環境の中で育てられた。耐えかねて17歳で家を飛び出し、一人で生きてきたタイジだったが、友人の言葉に動かされ、母と向き合う覚悟をする。大人になっても自分を拒絶していた母に歩み寄り、タイジは母からの愛を取り戻すために立ち向かっていく。

関連記事






    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com