『運び屋』新予告映像&場面写真|クリント・イーストウッド偉業達成!

【新予告映像・場面写真】
『運び屋』

3月8日(金)全国ロードショー

クリント・イーストウッド最新作『運び屋』が、全米興収1億ドル突破の大ヒットとなり、イーストウッド監督史上では6本目の快挙を達成した。この大ヒットを記念し、新予告映像と場面写真が解禁となった。

『グラン・トリノ』以来の主演・監督を兼ねるイーストウッドが前代未聞の実話を基に演じるのは、一度に13億円相当のドラッグを運んだこともある伝説の運び屋アール・ストーン。その素顔は、家庭より仕事を優先し家族に愛想を尽かされ、事業にも失敗し、自宅を差し押さえられてしまった孤独な90歳の老人だ。

イーストウッドが演じるアールを追い詰める麻薬取締局の捜査官には、『アメリカン・スナイパー』でアカデミー賞®主演男優賞ノミネート、初監督作『アリー/ スター誕生』が本年度ゴールデン・グローブ賞主要5部門に選出されたことで話題のブラッドリー・クーパー。さらに、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィーストといったアカデミー賞®の常連俳優が脇を固め、実娘であるアリソン・イーストウッドが主人公の娘を演じ、新進のタイッサ・ファーミガら、豪華キャストが顔を揃える。

公開情報

【タイトル】『運び屋』原題 “THE MULE”
【監督/出演】
クリント・イーストウッド(『許されざる者』(92)『ミリオンダラー・ベイビー』(04)2作品でアカデミー賞®監督、作品賞受賞)
【脚本】ニック・シェンク(『グラン・トリノ』)
【出演】
ブラッドリー・クーパー(『アメリカン・スナイパー』アカデミー賞® 主演男優賞ノミネート)
ローレンス・フィッシュバーン(『TINA/ティナ』アカデミー賞® 主演男優賞ノミネート)
アンディ・ガルシア(『ゴッドファーザーPARTⅢ』アカデミー賞® 主演男優賞ノミネート)
マイケル・ペーニャ(『オデッセイ』)、ダイアン・ウィ―スト(『ハンナとその姉妹』『ブロードウェイと銃弾』(アカデミー賞® 助演女優賞受賞)
アリソン・イーストウッド(『タイトロープ』『真夜中のサバナ』『目撃』)、タイッサ・ファーミガ(『死霊館のシスター』)
【配給】ワーナー・ブラザース映画 【レイティング】G【上映時間】1時間56分
公式サイト:www.hakobiyamovie.jp #運び屋
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

他の記事も読む

関連記事

『運び屋』イーストウッド監督・主演最新作が公開決定!ポスター&特報も解禁
巨匠・クリント・イーストウッドの『15時17分、パリ行き』がいかに素晴らしいか
クリント・イーストウッドにとって「演技」とは?『15時17分、パリ行き』インタビュー到着
クリント・イーストウッドが偉大なる映画スターであることをそろそろみんなで語ろう!
イーストウッド&トム・ハンクス初タッグ作『ハドソン川の奇跡』BD&DVD

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com