『ハーツ・ビート・ラウド』マナー予告編|耳に残るサウンドトラック×父娘の心温まる物語

【マナー予告編】
『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』

2019年6月7日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ ほかにてロードショー

6月7日(金)公開の『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』のマナー予告編がお披露目された。

昨年のサンダンス映画祭、サウス・バイ・サウスウエストで話題となった本作。ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街レッドフックを舞台に、元バンドマンの父と、LAの医大を目指す娘に訪れる人生の決断を、耳に残るサウンドトラックと共に描く心温まるハートフルな物語だ。

主演のカーシー・クレモンズはTIME誌が選ぶ2018年のベストパフォーマンス女優4位に選出され、メジャー大作への出演が控える注目女優。また助演のサッシャ・レインもダークホースコミックスの再映画化『ヘルボーイ』に出演するなど、現代の若手俳優を代表する女優二人が共演している。脇を固める俳優にはトニ・コレットとブライス・ダナーが名を連ねるほか、父親役には、全米ではすでにブレイクし、『SING/シング』で声の演出もしているニック・オファーマンが扮する。

解禁されたマナー予告では、父(ニック・オファーマン)と娘(カーシー・クレモンズ)の本編中の何とも愛らしいやり取りやシリアスなシーンをマナー予告として編集。バックに流れる主題歌がドラマを盛り上げ、本編への期待感を高める。


ストーリー

元ミュージシャンのフランク(ニック・オファーマン)はブルックリンで17年営んでいたレコードショップをこの夏に閉めることにした。シングルファーザーとして娘サム(カーシー・クレモンズ)を育て、成長したサムはLAの医大へ通う事が決まっていた。
ある日二人でレコーディングしSpotifyにアップロードしたその曲は瞬く間に拡散され、たくさんの人の耳に届くことになる。フランクにとっては急に未来の扉が開かれた気分になるが 、サムには恋人(サッシャ・レイン)や進学など、向き合わなければならない人生の課題は山積みだ。夏は終わりに近づき、フランクもサムも決断を迫られる。二人が新たな人生に一歩踏み出すために。

公開情報

監督/脚本:ブレット・ヘイリー
オリジナルソング・音楽:キーガン・デウィット
出演:ニック・オファーマン/カーシー・クレモンズ/トニ・コレット/テッド・ダンソン/サッシャ・レイン/ブライス・ダナー
2018年/アメリカ/英語/97分/日本語字幕:神田直美 /原題:HEARTS BEAT LOUD
© 2018 Hearts Beat Loud LLC
提供:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
配給:カルチャヴィル
公式サイト:hblmovie.jp

他の記事も読む

関連記事

『さよならくちびる』本予告映像|小松菜奈&門脇麦“衝撃的なキスシーン”
2018年 音楽映画・映画サントラ総まとめ!今年は空前の当たり年!?
後に歴史は語るだろう「2010年代は音楽映画のバブルであった」と
『マダム・フローレンス!』が最高級の音楽映画である5つの理由
憂鬱な梅雨を吹き飛ばす!晴れやかな気分になれる音楽映画5選

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com