井浦新×瑛太の化学反応!映画『光』場面写真、到着

三浦しをんの同名小説を、大森立嗣監督のメガホンで実写映画化する『光』より、場面写真がシネマズに到着した。

映画『光』場面写真、到着!

光

東京の離島、美浜島。記録的な暑さが続くその島で暮らす中学生の信之は、信之を慕う年下の輔は、父親から激しい虐待を受けている。同級生は、幼馴染で美しい恋人の美花ただひとりだ。ある夜、美花と待ち合わせた信之は、島の外部からやってきた者に、美花が犯されている姿を見てしまう。美花を救う為に、信之は取り返しのつかない罪を犯す。そして次の日、理不尽で容赦のない自然の圧倒的な力、津波が島に襲いかかり、全てを消滅させる。生き残ったのは、信之のほかには美花と輔とろくでもない大人たちだけだった。それから二十五年。妻(橋本マナミ)と、一人娘とともに暮らしている信之(井浦新)の前に輔(瑛太)が現れ、過去の事件の真相を仄めかし、やがて、封じ込めていた過去の真相が明らかになっていく。秘密を握る輔は、記憶の中の信之を取り戻すため、信之と美花を脅し始める、信之は美花(長谷川京子)を守ろうとするが――

光 サブ1

映画『光』は、三浦しをんの同名小説を映画化するサスペンス作品。秘密を共有する幼なじみの3人が25年後に再び巡り会い、過去と向き合う様を描く。信之役を井浦新、信之と美花を脅す輔役を瑛太、美花役を長谷川京子、信之の妻・南海子役を橋本マナミが演じる。メガホンを取るのは『まほろ駅前多田便利軒』の大森立嗣監督。

このたび本作の場面写真がシネマズに到着した。

光 サブ4

場面写真では、井浦新演じる信之の冷たい熱情、瑛太演じる輔の優しい怪物性、長谷川京子演じる美花の狂気と美、橋本マナミ演じる南海子の母性と色気など、過去の秘密により4人の本能が徐々に剥き出しにされていく様子が切り取られている。

光 サブ2

井浦新は、瑛太との共演について「最も化学反応を起こせたのが瑛太くんでした。彼と芝居がしたいと前々から大森監督に言っていた分、この座組でナニかが起きないわけがないと思っていましたが、彼のポテンシャルは想像以上、互いに後ろを顧みない変化球なしの真っ向勝負の連続は、どのシーンも何が起きるか、どこに向かうのか、まったく予測なんてできません。芝居が終われば心には辛さが残りましたが、微かに全部出し切った心地良さもありました」と語る。

光 サブ3

さらに、瑛太も「もともと大好きだった井浦新さんとの共演はとにかく刺激的で芝居の新たな面白さを教えていただいた。新さんが演じる信之の内側にある凄まじい熱量と冷酷さは、原作、台本を超越していた」と、互いに望み続けた共演が実現した喜びを明かしている。

映画『光』は2017年11月下旬、新宿武蔵野館、有楽町スバル座ほか全国ロードショー。

画像ギャラリー

(C)三浦しをん/集英社・(C)2017「光」製作委員会 HI-KA-RI.co

関連記事

三浦しをん『光』実写化!音楽はジェフ・ミルズ
HiGH&LOW、映画新作タイトル&怒涛のキャスト発表
ガッキー&瑛太W主演『ミックス。』特報映像、解禁!
【特別映像】橋本マナミが不倫の過去を…!山村紅葉はサスペンスあるあるを披露
佐々木蔵之介&横山裕W主演『破門 ふたりのヤクビョーガミ』BD&DVD発売

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事