星野源、“引きこもり侍”に!高橋一生×高畑充希共演で「引っ越し大名」映画化!

『超高速!参勤交代』などの土橋章宏原作の時代小説「引っ越し大名三千里」が、星野源の主演、高橋一生と高畑充希の共演で映画化されることが決定した。

土橋章宏が脚本を手掛け、犬童一心監督がメガホンをとる本作。生涯に7回もの国替え(引っ越し)を命じられた実在の大名・松平直矩をモデルに、参勤交代をはるかに上回る莫大な費用がかかる無理難題の引っ越しをしなければならないお国の一大事を救うため、あらん限りの知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩の藩士たちの汗と努力と涙と笑いの物語が展開する。

姫路藩書庫番の片桐春之介は、書庫にこもりっきりの本の虫で、人と接するのが苦手な“引きこもり侍”。ある時、藩主・松平直矩が幕府からのお達しを受け、遠方である豊後(大分県)の日田へ引っ越しすハメに。同時に減俸までされるという厳しい仕打ちの中、ピンチを乗り切るには国替えを仕切る奉行にかかっているが、あいにく前任者は死去。そんな中、書物好きなら博識だろうと、春之介に白羽の矢が立ち、“引っ越し奉行”に任命されて、すべての采配を取り仕切ることになってしまう。

主人公・片桐春之介を演じるのは星野源。気弱でコミュ障に見えながらも、持ち前の知恵を生かして成長していく春之介を演じる。また、春之介の幼馴染で、春之介を引っ越し奉行に推薦する、腕っぷしの強さと豪傑さを持つ御刀番・鷹村源右衛門役を高橋一生が、前任の引っ越し奉行・板倉の娘で父親から受け継いだ引っ越しのコツを春之介に指南する、気丈でしっかり者の於蘭(おらん)役を高畑充希が演じる。3人にとって、本作が時代劇映画初出演であり、今回が初共演となる。

主演の星野は「時代劇の主演だというのでどんなシリアスな役柄だろうと身構えたのですが、その役が“引きこもり侍”だと聞き、楽しい作品になりそうだと非常にワクワクしました」と振り返り、脚本について「その痛快かつ胸が震えるようなストーリーに驚きました」とコメント。高橋は「今回演じる鷹村源右衛門は、今までとはさらに違った方法論を持ち出さなければならないことを感じていますし、それをこの組で、この共演者の方々と共に作っていけることが楽しみで仕方ありません」、高畑は「時代劇で、京都で、馬にまで乗る。慣れないことだらけですが、未知の場所に思いっきりダイブするつもりで」と意気込みを語っている。

『引っ越し大名』(仮題)は、2018年5月~6月に撮影され、2019年に全国公開。

星野 源(片桐 春之介役)

オファーをいただいた時、時代劇の主演だというのでどんなシリアスな役柄だろうと身構えたのですが、その役が「引きこもり侍」だと聞き、楽しい作品になりそうだと非常にワクワクしました。
僕が演じる片桐春之介は、本を読むのが大好きで、人と接するのが苦手な男です。そんな内気な男が“引越し奉行”として無理やり引っ張り出されたことを切っ掛けに、人と接し、悩み、協力し、己の才能を開花させていきます。
脚本を読み、その痛快かつ胸が震えるようなストーリーに驚きました。犬童監督、一生くん、充希ちゃんをはじめ、素晴らしいスタッフ・キャストの皆様とお仕事できることを光栄に思います。
久しぶりの主演作品『引っ越し大名』。春之介として精一杯楽しみたいと思います。

高橋一生(鷹村 源右衛門役)

台本を読ませていただいて、この役を何故僕にお声掛けくださったのか、嬉しく思うと同時に不思議でなりませんでした。
俳優は、少しずつそのイメージの幅が狭まってくるものだと理解しています。それでも僕は幸運な事に、今までいただいた役それぞれが独立していたと思います。
ただ、今回演じる鷹村源右衛門は、今までとはさらに違った方法論を持ち出さなければならないことを感じていますし、それをこの組で、この共演者の方々と共に作っていけることが楽しみで仕方ありません。

高畑充希(於蘭役)

2015年の犬童監督とのメッセージのやりとり履歴を先日発見して、「いつか一緒に。」という言葉を見つけ、やっと実現するんだなぁ、、と嬉しくなっています。時代劇で、京都で、馬にまで乗る。慣れないことだらけですが、未知の場所に思いっきりダイブするつもりで。
以前わたしの奥様だった(笑)源さん、高橋さんがいてくださることが、とてもとても心強いです。ほぼ紅一点、そわそわします。がんばります。

犬童一心監督 コメント

江戸時代、理不尽な人たちや、タイミングが引き起こす苦難を、偽ることなく、真っ直ぐな正直さ、そして笑顔で乗り切ろうとする若者を描きたい。それこそ、今一番必要だと思うから。星野源こその片桐春之介。きっと、最高にグッとくるはずです。キュート極まる高畑さん、ぶっ飛んだ一生さんにも、乞うご期待!!

ストーリー

姫路藩書庫番の片桐春之介(星野源)は、人と話すのが苦手で、いつも書庫にこもりっきりの引きこもり侍。ある時、藩主の松平直矩は、江戸から国替えを言い渡される。これまでの度重なる国替えで財政事情は苦しいというのに、減封まで言い渡された上、行先は遠く離れた豊後(大分県)の日田。参勤交代をはるかに上回る莫大な金額が必要な一大事業を成し遂げるには、引っ越し奉行の手腕にかかっている。しかし前任者はその激務が原因で亡くなっていた。お国最大のピンチに、本ばかり読んでいるから引っ越しの知識があるだろうと、なぜか春之介に白羽の矢が立ってしまう。国替えと減封による人減らし。無理難題とも言える大役に怖気づく春之介だったが、幼馴染で武芸の達人・鷹村源右衛門(高橋一生)の説得もあり、嫌々引き受ける羽目に。そして前任の引っ越し奉行の娘・於蘭(高畑充希)の助けを借りながら、引っ越しの準備が始まる。

関連記事

星野源の最新シングル、タイトルは「ドラえもん」!主題歌入り予告映像も解禁!
意外なチョイ役も!?星野源が演じた&声優した映画、オススメ4選!
『九月の恋と出会うまで』高橋一生、川口春奈のW主演で映画化決定!
「嘘愛」高橋一生演じる桔平は嘘か誠か
大泉洋×高畑充希×三浦春馬 初共演!『こんな夜更けにバナナかよ』映画化決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com