映画『ヒトラーへの285枚の葉書』メイキング写真到着

ドイツ人作家ハンス・ファラダのベストセラー小説「ベルリンに一人死す」を実写映画化する作品『ヒトラーへの285枚の葉書』(原題:Alone in Berlin)より、メイキング写真がシネマズに到着した。

映画『ヒトラーへの285枚の葉書』メイキング写真

フランスがドイツに降伏した1940年6月、ベルリンの古めかしいアパートで暮らすオットーとアンナのクヴァンゲル夫妻のもとに一通の封書が届く。それは最愛のひとり息子ハンスが戦死したという残酷な知らせだった。心のよりどころを失った夫婦は悲しみのどん底に沈むが、ペンを握り締めたオットーは「総統は私の息子を殺した。あなたの息子も殺されるだろう」とヒトラーへの怒りをポストカードに記し、アンナとともにそれを街中にこっそりと置くというささやかな活動を繰り返すようになる。だが、それを嗅ぎ付けたゲシュタポの猛捜査がクヴァンゲル夫婦に迫りつつあった――

ヒトラーへの285枚の葉書

映画『ヒトラーへの285枚の葉書』は、ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録から終戦直後に書き上げ、今世紀になって欧米でベストセラーとなった小説「ベルリンに一人死す」を実写映画化する作品。

主演を務めるのは『ハワーズ・エンド』のエマ・トンプソン。そのほかに『未来を花束にして』のブレンダン・グリーソン、『グッバイ、レーニン!』のダニエル・ブリュール、ミカエル・パーシュブラント、モニーク・ショメットらが共演している。メガホンをとるのは『シラノ・ド・ベルジュラック』などで俳優としても活躍するヴァンサン・ペレーズ監督。

本作のメイキング写真がシネマズに到着した。

ヒトラーへの285枚の葉書 メイキング

ヴァンサン・ペレーズ監督は、俳優から監督へと活躍の場を移す前に原作を読んで、第二次世界大戦中の一般的なドイツ人の姿を描いていることに特に強い啓示を受けたといい、映画化権を獲得するための資金の調達に奔走する過程で、“おじがガス室送りになっていたこと”を知ったという。

「父親はスペインの出身だ。祖父は共和国軍のためにスペイン内戦でフランコ将軍のファシスト政権と戦い処刑された。母親の家族はドイツ系だが、ナチスから逃れて国外へ脱出した。母は1939年に生まれた。そして他の多くの人たちのように国外へ脱出し、5年間あちこちを転々と歩き回り、戦後にドイツに戻ってきた。ドイツ人の血が流れている人間なら、たくさんの疑問を抱えているはず。僕はそれらの答えを見つける必要があった。
僕にはおじが3人いて、ひとりはロシアの戦線で殺された。精神科病院に入っていた大おじは、試験的なガス室で殺された。こうした精神科病院やガス室を僕は訪ねた。ドイツ人は過去の記憶を残しておくのが上手だ。何が起こったのかを誰も忘れるべきではないと考えているんだ。
旅の間に、家族の中でナチス党員だった人は誰もいないという事も知った。これは重大な事実だ。当時ナチス党員でなかったという事で、家族はかなり辛い思いをしたはずだ。あらゆる場所に住む人たちにこの話を伝えることが大切だ。そして、誰でも闘うことができる、そして闘うには勇気が必要になると示すことが大切だった」(ヴァンサン・ペレーズ監督)

映画『ヒトラーへの285枚の葉書』は、2017年7月8日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

(C)X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

関連記事

第89回アカデミー賞 受賞結果一覧!!『ムーンライト』が作品賞、『ラ・ラ・ランド』が最多受賞
ライダーと名馬の感動の実話を映画化!
Google Earthで故郷を探した実話を映画化『LION/ライオン』本予告解禁
『ヒトラーの忘れもの』、今年のトリを飾る戦後戦争映画の傑作だ!
あのヒトラーが現代にタイムスリップ⁉ブラック・ジョークに満ちた怪作『帰ってきたヒトラー』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com