アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作『判決、ふたつの希望』日本版予告&ポスタービジュアル解禁!

© 2017 TESSALIT PRODUCTIONS–ROUGE INTERNATIONAL–EZEKIEL FILMS–SCOPE PICTURES–DOURI FILMS

第90回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、ジアド・ドゥエイリ監督作『判決、ふたつの希望』の日本版予告&ポスタービジュアルが到着した。

本作は、クエンティン・タランティーノ監督のアシスタント・カメラマンという経歴を持つジアド・ドゥエイリ監督の最新作。ふたりの男性の間に起きた些細な口論が、ある侮辱的な言動をきっかけに裁判沙汰となり、国家を揺るがす騒乱にまで発展するという、監督自身の実体験をもとに作り上げた物語は、宗派や信条の違いを超えレバノン国内で爆発的な大ヒットを記録した。

さらに、第90回アカデミー賞ではレバノン史上初となる外国語映画賞ノミネートの快挙を成し遂げ、第74回ベネチア国際映画祭では、主演俳優のひとりが最優秀男優賞を受賞。中東の小国レバノンの映画でありながら米有名映画レビューサイトロッテン・トマトで満足度90%の高評価を獲得(※2018/6/5時点)するなど、世界中の映画ファンからの圧倒的な支持を集めている。

今回解禁されたポスタービジュアルは、本作の主人公、自動車修理工場を営むトニーと住宅補修の現場で働くヤーセルが法廷で互いを見合う写真がメイン。そして、その中央には「ただ、謝罪だけが欲しかった。」という言葉が入り、国家を揺るがすほどの法廷劇を起こしてしまうことになる2人の心の叫びを感じさせるものとなっている。

合わせて解禁された日本版予告は、事の発端となるトニーとヤーセルのささいな口論がみるみるうちに国を揺るがす裁判劇に発展していく前半。法廷で「金はいらん、謝罪がほしいだけだ」そう言って謝罪を求めるトニーと、断固として沈黙を貫くヤーセル。そして後半は、加熱するマスコミ報道に家族も巻き込まれていく緊迫感溢れる様子とともに、「自らの民族と歴史を貶められたら反発するのは当然」「誰もが過去に傷を負って生きている」と両弁護士が放つ言葉が、騒乱に置き去りにされた彼ら個人の過去の傷、そして人生の葛藤を垣間見せ、見るものの想像をさらに掻き立てる。

本作は、8月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他にて全国順次公開。公開にあわせ8月上旬にジアド・ドゥエイリ監督の来日も決定している。

ストーリー概要

レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このとき両者の間に起きたある侮辱的な言動をきっかけに対立は法廷へ持ち込まれる。やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題となり、“ささいな口論”から始まった小さな事件はレバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していくのだった……。

関連記事

第90回アカデミー賞、全ノミネート一覧!『シェイプ・オブ・ウォーター』13部門、『ダンケルク』8部門!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com