あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-12-19

ニュース

ティモシー・シャラメ出演『ビューティフル・ボーイ』2019年4月日本公開決定!



© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC. 




『君の名前で僕を呼んで』で、世界中の映画ファンを魅了したティモシー・シャラメ。そんな彼の最新出演作『Beautiful Boy』が『ビューティフル・ボーイ』の邦題にて2019年4月にTOHOシネマズ シャンテほかにて全国で公開となることが決定。

本作は8年という長い歳月をかけてドラッグ依存を克服し、現在はNetflixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物と、彼を支え続けた家族の物語。

製作はブラッド・ピットが代表を務めるプランBエンターテインメント、ブラッド本人がプロデュースを手掛ける。息子と父親それぞれの視点から描いた2冊の回顧録を原作とした、愛と再生を描く本作でシャラメはその息子ニック役を、父親デヴィッドを『フォックスキャッチャー』のスティーヴ・カレルが熱演。

2018年のアカデミー賞授賞式でゲイリー・オールドマンに「君は絶対ここに戻ってくる」言わしめたシャラメは本作で才能をいかんなく発揮し、先日発表されたゴールデン・グローブ賞でも助演男優賞にノミネートされるなど、賞レースを牽引中。



© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC. 




このタイトルは、父・デヴィットから見た息子・ニックを表現しているが、ニックを演じるティモシー・シャラメは、まさに“ビューティフル・ボーイ”そのもの。この言葉を用いて形容することを誰しもが納得する“唯一無二の存在”として、劇中でもドラッグへ堕ちていく姿さえも美しく、観客の心を魅了する。

『ビューティフル・ボーイ』本国批評




「この役でティモシーは、アカデミー受賞式でオスカー像を手にするだろう」
―BBC






「スティーヴとティモシーがオスカーにダブルノミネートするのは確実だろう」
―THE HOLLYWOOD REPORTER






「同世代の俳優の中でティモシーがダントツであることがこの映画で証明される」
―Los Angeles Times






「この役でティモシーが、アカデミー賞レースに帰ってくる」
― ROLLING STONE






「『君の名前で僕を呼んで』の時のようなエモーショナルな演技で、観客をまたも魅了する」
―VOGUE




無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録