『ジョナサン-ふたつの顔の男-』小津安二郎や村上春樹が好き! ビル・オリバー監督が影響を受けた作品とは?

ひとつの身体にふたつの人格をもち、その人格を、脳に埋め込まれたタイマーにより、12時間で切り替わるよう設定している「僕」=ジョナサンの視点を通してスリリングに展開していき、やがて観る者を翻弄する≪脳≫コントロール・スリラー 『ジョナサン-ふたつの顔の男-』が、6月21日(金)より公開されている。

スリラーでありながら普遍的な人間ドラマも随所に描く本作は、ジョナサンとジョンというふたつの顔を持つ一人の青年のように、何気ない日常のどこかに2面性を想起させる事柄が随所に隠されている。

脚本が気に入り本作の出演を決めたという主演のアンセル・エルゴートは「ジョナサンとジョンの2役を演じるのはとても刺激的でした。この仕事を受けてよかったと思いましたし、私たちの仕事に誇りを持ちました」と明かしており、今回初の長編映画に取り組んだオリバー監督との仕事は満足がいく結果となったよう。

そんなビル監督が仕掛ける様々な表現手法に、思わず翻弄されてしまうこと間違いなしの本作だが、果たして、ビル監督はどんな作品に影響を受けてきたのだろうか?

①ヒッチコック、スタンリー・キューブリックの大ファン

「ヒッチコックの大ファンなんだ。だから、心理サスペンスという意味では今回参考にしたといえるし、スタンリー・キューブリックも大好きなんだけど、ビジュアル的な面では影響を受けているもといえるね。特にこの映画に関していえば、イングマール・ベルイマン監督の作品とかは、整然とした、ある種シュールな空間で繰り広げられるという意味で、影響を受けているよ」

②映画通なら知っている?!名作『オプー三部作』

大地のうた 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
「日本では未公開かもしれないけれど、サタジット・レイというインド人の監督の『オプー三部作』(『大地のうた』(55)、『大河のうた』(56)、『大樹のうた』(59))という青年を主人公にした3部作があるんだけど、それが人生で一番好きな映画だね。その作品は、一人の青年の成長を追う物語なんだけど、何事もないような本当に普通の日常の中でそういったことが繊細に描かれている素晴らしい映画なんだ」

③小津安二郎と村上春樹も好き

「日本だと小津安二郎さんと村上春樹さんの作品に影響を受けているかな。ジョナサンは、彼らのような感性を持ち合わせているんじゃないかなと思うよ」

ビル監督は「この作品は一見風変りな設定のありそうもないアイデアだとは思うけど、その根底には普遍的なテーマがあって、誰もが共感してもらえるものだと思っている。ジョナサンとジョンという二人のキャラクターが辿る数奇な運命に心を動かされる部分があるかもしれないし、自分の生き方や考え方に想いを馳せてもらえるような映画になっていたらいいなと思うよ。あと日本のレストラン「ジョナサン」のことは知っているよ(笑)」とメッセージを寄せている。

ストーリー

毎日ルーティーンの生活を送る、内向的なジョナサン。彼は自分の身体にもうひとりの人格をもっていた。自分とは正反対の性格の青年ジョンだ。脳にタイマーを埋め込み、<午前7時と午後7時>に毎日12時間で切り替われるよう設定していたふたりは、ビデオテープにメッセージを残すことで、知らない時間に起こった出来事について共有しあっていた。全てが完璧のはずだった。彼女と出会うまではー。

公開情報

『ジョナサン-ふたつの顔の男-』
監督:ビル・オリバー
出演:アンセル・エルゴート、スーキー・ウォーターハウス、マット・ボマー、パトリシア・クラークソン
2018/アメリカ/英語/カラー/95分/シネマスコープ/原題:JONATHAN
© 2018 Jonathan Productions, Inc. All Rights Reserved
配給:プレシディオ 協力:ムービープラス 宣伝:ガイエ
HP:jonathan-movie.jp
Twitter Facebook: jonathan2face

他の記事も読む

関連記事

『ジョナサン-ふたつの顔の男-』企画当初は適役ではなかった?!アンセル・エルゴート起用の理由に迫る!
『ジョナサン-ふたつの顔の男-』ポスタービジュアル&本予告映像|アンセル・エルゴート最新作
思わず翻弄される!昨今ヒット連発のサスペンス・スリラー映画4選

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com