『スター・ウォーズ』がV4獲得!『キングスマン』新作は2位スタート!【今週の映画ランキング】

先週末(2018年1月6日〜1月7日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

2位(NEW)『キングスマン:ゴールデン・サークル』

3位(↑)『DESTINY 鎌倉ものがたり,』

4位(↓)『8年越しの花嫁 奇跡の実話』

5位(↓)『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』

6位(NEW)『映画 中二病でも恋がしたい!-Take On Me-』

7位(↓)『オリエント急行殺人事件』

8位(NEW)『嘘八百』

9位(↓)『未成年だけどコドモじゃない』

10位(↓)『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』

2018年最初の映画ランキングは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が昨年からの勢いそのままに4週連続1位を獲得。土日2日間で動員22万8000人、興収3億4300万円をあげ、1月8日(月・祝)までの累計動員数は410万人、累計興収は61億円を突破している。
■『スター・ウォーズ』関連の記事を読む

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

2位は初登場作品。『キングスマン』の第2作目『キングスマン:ゴールデン・サークル』がランクイン。土日2日間で動員22万4000人、興収3億3000万円をあげた。

(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

6位も初登場で、『映画 中二病でも恋がしたい!-Take On Me-』がランクイン。

(C)虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

また、8位も初登場で『嘘八百』がランクイン。 

既存作品では、『DESTINY 鎌倉ものがたり』が、先週からワンランクアップの3位にランクイン。1月8日(祝)までの累計興収は24億円を突破。4位の『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(松竹)、5位の『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(東宝)、7位の『オリエント急行殺人事件』(FOX)は順位を落としたものの、それぞれ累計興収19億円、17億円、14億円を突破している。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com