『カメラを止めるな!』興収16億突破!『検察側の罪人』はV2!【映画ランキング】

先週末(2018年9月1日〜9月2日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『検察側の罪人』

2位(→)『銀魂2 掟は破るためにこそある』

3位(NEW)『アントマン&ワスプ』

4位(↓)『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』

5位(↓)『インクレディブル・ファミリー』

6位(→)『カメラを止めるな!』

7位(NEW)『SUNNY 強い気持ち・強い愛』

8位(↓)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

9位(↓)『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』

10位(→)『君の膵臓をたべたい』

 (C)ENBUゼミナール 

今週の映画動員ランキングは、『検察側の罪人』が、土日2日間で動員28万4000人、興収3億3900万円をあげ2週連続で首位を獲得。平日の稼働も良く、累計では早くも動員114万人、興収14億円を突破している。

 『銀魂2 掟は破るためにこそある』は、土日2日間で動員25万6000人、興収3億800万円をあげ2位をキープ。累計では動員188万人、興収24億円を突破。

 『アントマン&ワスプ』は、土日2日間で動員23万9000人、興収3億2200万円をあげ3位に初登場。興収では『銀魂2』を抜いて2位、シリーズ前作「アントマン」のオープニング土日2日間動員対比で167%という良好なスタートを切った。

他新作では『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が、土日2日間で動員12万8000人、興収1億5400万円をあげ7位に初登場。

2017年に公開された実写版の大ヒットも記憶に新しい、アニメ版『君の膵臓をたべたい』は10位のスタート。

 他既存作品では、4位の『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』が累計で動員649万人、興収83億円を突破。『シン・ゴジラ』を抜いて興収歴代ランキング58位に。

5位の『インクレディブル・ファミリー』は、動員376万人、興収44億円を突破。

6位の『カメラを止めるな!』は、動員115万人、興収16億円を突破している。

他のニュース記事も読む

関連記事

『カメラを止めるな!』を絶対に観るべき8つの理由!ゾンビ映画最高傑作にして大感動ファミリー映画だ!
『検察側の罪人』木村拓哉、二宮和也以上に印象に残るあの怪人物の正体とは?
『SUNNY 強い気持ち・強い愛』、安室奈美恵の名曲と広瀬すずの水着姿に感謝!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com