【映画ランキング】『ドラゴンボール』1位、『妖怪ウォッチ』4位、『グリンチ』5位!

先週末(2018年12月15日〜16日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(NEW)『ドラゴンボール超 ブロリー』

2位(→)『ボヘミアン・ラプソディ』

3位(↓)『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』

4位(NEW)『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』

5位(NEW)『グリンチ』

6位(↓)『来る』

7位(NEW)『春待つ僕ら』

8位(↓)『くるみ割り人形と秘密の王国』

9位(↓)『機動戦士ガンダムNT』

10位(↓)『スマホを落としただけなのに』

(C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会
 

今週の映画動員ランキングは、『ドラゴンボール超 ブロリー』が土日2日間で動員63万9000人、興収8億1300万円をあげ、2位以下に大きな差をつけて堂々の初登場1位を獲得。初日から3日間の累計では動員82万人、興収10億円を超える大ヒットスタートを切った。

2位には、土日2日間で動員29万8000人、興収4億3200万円をあげた『ボヘミアン・ラプソディ』がランクイン。累計では動員390万人、興収53億円を突破しており、その勢いはまだまだ止まりそうにない。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(ワーナー)は、土日2日間で動員23万7000人、興収3億3400万円をあげ3位。累計では動員326万人、興収46億円を突破している。

 大人気アニメシリーズの最新作『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』は、土日2日間で動員22万3000人、興収2億5100万円をあげ4位でスタート。

 イルミネーション・エンターテインメントがアニメ映画化した『グリンチ』は、5位に初登場。日本語吹替版の声を大泉洋、杏、秋山竜次らが務めている。
 
他新作では人気少女コミックを土屋太鳳主演で実写映画化した『春待つ僕ら』が、7位でスタートを切っている。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com